川獺

【元ネタ】刀語
【CLASS】キャスター
【真名】真庭川獺
【性別】男
【身長・体重】173cm・57kg
【属性】秩序・中庸
【ステータス】筋力D 耐久C 敏捷B 魔力A 幸運E 宝具C

【クラス別スキル】
 陣地作成:D
 自身に有利な陣地を形成できる。
 キャスターは一つの場所に留まることを良しとしない。
 精々、すでに存在している建物を改装する程度。

 道具作成:C+
 魔力の通った道具を作成できる。
 そこまで優秀な道具は製作不可能だが、構造の理解から実在する用具の生産は得意。
 宝具の効果により、このスキルには+補正がかかる場合がある。 

【固有スキル】
忍術:B
 時代を歪めた者たちによる秘術。
 キャスターは忍者の中でも高次ではあり、多方面に活用可能。

直感:C
 戦闘時、自身にとって最適な展開を「感じ取る」スキル。
 敵の攻撃をある程度、初見でも見切ることができる。

自己暗示:D
 自身に暗示をかけることで主に精神干渉を防ぐことができる。
 キャスターはこれにより痛覚などの感覚をなくしたり、ステータスの一時的向上ができる。

【宝具】
『忍法・記録辿り』
 ランク:C 種別:対人(自己)宝具 レンジ:1 最大補足:1人
 キャスターが触れる物体の「記録」を辿ることができる。
 生物には使用できないが、武器や石などから敵の痕跡を詳しく調べられる。
 情報戦においてはこの上なく強力だが、実際の戦闘自体にはあまり役立たない。

【解説】
 西尾維新による小説「刀語」に登場する忍者。
 かませ犬どころか登場から能力説明だけされて味方に殺されるというあんまりな最後を遂げた。
 色々設定とか性格とかあるのだが、即退場ということで見せ場は0(作者的によくあることだが)。

 宝具もガチンコバトルには不似合いで、聖杯大戦とかの集団戦によってのみ輝く。
 
 通常の戦争では性格も実力も仕事人としては良し……なのだが、まぁ使えないだろう。

  • 最終更新:2016-06-19 05:14:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード