小野銀八郎

【元ネタ】史実 戦国時代
【CLASS】アサシン
【マスター】
【真名】小野銀八郎
【性別】男性
【身長・体重】161cm・48kg
【属性】秩序・悪
【ステータス】筋力D 耐久E 敏捷A 魔力C 幸運E 宝具E
【クラス別スキル】
気配遮断:B
 サーヴァントとしての気配を絶つ。隠密行動に適している。
 自らが攻撃態勢に移ると気配遮断のランクは大きく落ちる。

【固有スキル】
忍法:C+
 室町時代の日本で体系化された間諜の秘術。
 相手の不意を突く技術のため、初見でない相手には効果が減少する。
 特に火遁の術に秀で『野火の銀八』の異名をとったと伝わる。

【宝具】
『蜂塚毒血』
ランク:E 種別:特攻宝具 レンジ:1~2 最大捕捉:1人
 自害によって発動する宝具。
 アサシンから吹き出す血液は強い毒性を帯びており、周囲一帯の霊脈を汚染する。
 水に流しこんだ場合、さらに強力な毒性を帯びる。
 
【Weapon】
『忍刀』
 携帯性、機能性に優れた直刀。忍者が用いたとされるが実在を疑う向きもある。
 様々な状況へ対応できるマルチツールだが、
 その代償として戦闘における性能は日本刀に大きく劣るものとなっている。

【解説】
 蜂須賀正勝に仕えた忍者。『野火の銀八』の異名を取る火遁の術の名手と伝わる。
 秀吉の四国攻めの際、主君正勝は長宗我部家の一宮城の攻略の任を受けたが、
 巨大な貯水池を持つ一宮城は簡単には落とせなかった。
 その為、銀八は水源である貯水池の破壊を命じられる。
 銀八は貯水池近くまで潜入することに成功するが、そこで城兵に見つかってしまい窮地に陥ってしまう。
 進退窮まった銀八は一計を案じ、自害することで貯水池を自らの血で汚した。
 これにより城の給水を絶つことに成功し、長期の籠城戦が不可能になった長宗我部は降伏したという。

  • 最終更新:2016-05-11 23:19:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード