ダークニンジャ

【元ネタ】ニンジャスレイヤー
【CLASS】アサシン
【マスター】
【真名】ダークニンジャ
【性別】男
【身長・体重】不明
【属性】混沌・悪
【ステータス】筋力B 耐久B 敏捷A 魔力C 幸運D+ 宝具A
【クラス別スキル】
気配遮断:A
サーヴァントとしての気配を絶つ。
完全に気配を絶てば、探知能力に優れたサーヴァントでも発見することは非常に難しい。
ただし自らが攻撃態勢に移ると気配遮断のランクは大きく落ちる。
単独行動:A
マスター不在でも行動できる。
ただし宝具の使用などの膨大な魔力を必要とする場合はマスターのバックアップが必要。

【固有スキル】
カラテ:A
体術全般を指す技術。広義には武器の使用をも含む白兵戦能力、あるいは「気」や「魔力」といったエネルギー概念のようなもの。
アサシンのカラテはカタナを用いる「イアイドー」で、その技量はかなり高い。

ニンジャ:C~A
平安時代に日本をカラテによって支配した半神的存在・ニンジャとしての力。
身体能力・反射神経・直観力などあらゆる能力においてモータル(常人)を凌駕する。
並のモータルならば、ニンジャを目の当たりにしただけでNRS(ニンジャ・リアリティ・ショック)を引き起こし発狂してしまう。

心眼(真):A
修行・鍛錬によって培った洞察力。
窮地において自身の状況と敵の能力を冷静に把握し、その場で残された活路を導き出す“戦闘論理”。
逆転の可能性がゼロではないなら、その作戦を実行に移せるチャンスを手繰り寄せられる。

【宝具】
『死を招く妖しき一閃(デス・キリ)』
ランク:A 種別:対人宝具 レンジ:1 最大捕捉:1人
超高速で踏み込んで相手の胸を斬り払い、一瞬にして背後に回り込む神速のイアイ奥義。

『漢字刻みし呪詛の殺刃(カンジ・キル)』
ランク:A+ 種別:対人宝具 レンジ:1 最大捕捉:1人
超高速連続斬撃を繰り出し、噴き出した血が剣閃の軌道によって「咎」の漢字を描く技。
この宝具によって刻まれた漢字は、因果の重圧によって運命を捻じ曲げる呪いの効果を持つ。
アサシンの持つ妖刀「ベッピン」と防具である「聖なるブレーサー」の両方が揃うことで発動可能となる。

【Weapon】
『ベッピン』
アサシンの愛刀である一振りの妖刀。その刀身に刻まれた古代の漢字を直視した者は、視界がぼやけ太刀筋を追うことが困難となる。
殺したニンジャのニンジャソウルを吸収する力を持った妖刀であり、吸収するたびにベッピンの力は強まる。

『クナイ・ダート』
ニンジャが用いる投擲武器の一つ。ソウルの力によって精製可能だが、使い手はスリケン(手裏剣)よりも少ない。

『聖なるブレーサー』
両手甲に「刃」「鉄」の漢字を輝かせる巨大なガントレット。
ベッピンの強大な力を抑える効果を持つ。

【解説】
サイバーパンクニンジャ活劇小説「ニンジャスレイヤー」の登場人物で、主人公ニンジャスレイヤー(フジキド・ケンジ)のライバル。
本名はフジオ・カタクラ。圧倒的レベルのカラテの使い手であり、ずば抜けたニンジャ洞察力や愛刀である妖刀「ベッピン」と相まって作中でも最強クラスの実力者。
ニンジャ六騎士の一人、ハガネ・ニンジャのソウルをその身に宿す。
サラリマン時代のフジキド・ケンジの妻子を直接手にかけ、フジキドがニンジャスレイヤーとなるきっかけを与えた張本人であり不倶戴天の敵である。
性格は寡黙で冷徹。感情を表に出すことは滅多にないが、その内面には貪欲な闘争心と残虐性を秘めている。
古文書や古代ニンジャ知識にも精通しており、ザイバツ・シャドーギルドのグランドマスター達ですら知る者の少ない複雑怪奇な礼儀作法も完全マスターし、『古事記』も全篇読破している。
当初は所属組織のために動いていたが、ハガネ・ニンジャの秘密と自らの因縁を知ってからは、自らの呪われた運命を断ち切るべく暗躍する。

  • 最終更新:2016-12-19 20:39:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード