エレン

【元ネタ】魔女の家
【CLASS】キャスター
【真名】エレン
【性別】女性
【マスター】雨生龍之介
【身長/体重】144cm・34kg
【属性】混沌・悪
【ステータス】
筋力E 耐久E
敏捷E 魔力C
幸運D 宝具EX
【クラス別スキル】
陣地作成ー
後記の宝具により陣地作成のスキルは失われている。
道具作成E
魔術的な道具を作ることが可能
【固有スキル】
魔女EX(ー)
彼女は悪魔との契約で魔女になっている
物理的な攻撃で霊核は傷つかず絶望する事によって死ぬ。
魔術C
彼女は陣地の中の様子を常に把握していて植物や動物を使って迷い込んだ人達を誘導する事が出来る。
不治の病A
彼女は皮膚がただれる奇病を患っている
同じ病気かどうかは分からないが足の骨にも異常が出ており歩く度に激痛が走る
だが、家の中では偽りの姿を取っている。
話術C
相手にまず話をさせるように仕向ける事が出来る、自分が病気なのをネタに同情を誘って好意を自分に向けさせる。
【宝具】
「母親の匂い(可愛い小瓶)」
種別:対人宝具 ランク:D
レンジ:1 最大補足:1
エレンの母親がいつも漂わせていたお菓子の匂い。
正体は魔女の血肉である薔薇を枯らし、エレンを絶望させて殺す為の薬。
家の周りにある薔薇に掛ける事でエレンを殺す事が出来る。
この小瓶は家の何処かに隠されている。

「魔女の家(ザ・ウィッチハウス)」
種別:対界宝具 ランク:A+
レンジ:ー 最大補足:ー
魔女エレンの住む家。
拠点にエレンが住んでいた家の内装を再現する。拠点を中心とした半径20メートルは庭となり、生前を含め今までエレンが殺した人間の数だけ薔薇が咲き誇る。
中にはトラップなどが沢山あり、全てが対象の恐怖感を煽った後に殺すように出来ている。
ただし何故か謎解きをするとトラップを回避出来たり、発動しなかったりする。
エレンの意思で姿形を変えるので、今まで来た道が帰りの道と同じとは限らない。
最上階の部屋にあるベッドでエレンは寝ている、家の中ではエレンは健康体を保つ事が出来る、但し家の外に出ると魔法が解けてしまい、本来の醜く爛れた肌を晒すことになる

「果たされない約束(そんな約束、したっけ?)」
種別:対人宝具 ランク:EX
レンジ:ー 最大補足:1人
黒猫から「病を治す魔法」として教えられた魔法。
ただし正体は「身体を交換する魔法」であり根本的には治っていない。
これを他の人間やサーヴァントに使う事で身体を交換出来る。
ただし条件があり「家に入っている事」「相手が自分に対して好意を持っている事」が条件。
魔女の力は魔女の身体にあるので身体を交換した後この魔法どころか家の所有権なども相手に移る。
【武器】
「茨」
魔女の血肉は薔薇で出来ている
そのツタは身体と同じように自由自在に動かすことが出来る。
家の最上階にあるエレンの部屋でしか使えない

「エレンズナイフ」
母親と父親を殺したナイフ
ごく稀に「首に刺さった」と言う結果が先に来る因果逆転の効果を発揮する事がある
エレンが家の何処かにしまった
【見た目】
艶やかな薄紫色の髪の毛に満月を模したような黄金の瞳が特徴
8歳の姿のまま身体の時が止まっているが実際は何百年も生きているロリババア
【詳細】
魔女の家の主
「友達」と愛される事を渇望しており目的の為なら何でもする。
精神を病んでいて彼女にとっての友達とは「自分の為に死んでくれる人」の事であるのと同時にその他の人物と区別する為の記号にしか過ぎない。それに過去の経験から彼女にとっては健康体になる事が愛される条件であると思い込んでいる
病気を治し、健康体になり、愛されるために悪魔と契約した

  • 最終更新:2016-05-21 15:25:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード