黒姫

【元ネタ】民話『黒姫伝説』
【CLASS】セイバー
【マスター】
【真名】黒姫
【性別】女性
【身長・体重】154cm・48kg
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力C 耐久D 敏捷C 魔力A+ 幸運E 宝具A
【クラス別スキル】
対魔力:B
 魔術発動における詠唱が三節以下のものを無効化する。
 大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、傷つけるのは難しい。

騎乗:C
 騎乗の才能。大抵の乗り物、動物なら人並み以上に乗りこなせるが、
 野獣ランクの獣は乗りこなせない。

【固有スキル】
退魔の黒髪:B
 龍を退治した際名剣とともに投げ込んだという黒髪。
 持ち主の対魔力を常時1ランクアップさせ
 振り撒いて使うと一時的にCランク相当の"啓示"あるいは"動物使役"の効果を発揮する。

竜の息吹:C
 最強の幻想種である竜が放つマナの奔流。
 宝具の影響で龍の因子を持つ為所持している。
 水流、または毒のブレスを吐く。

【宝具】
『四十八池怒龍氾濫(しじゅうはちいけどりゅうはんらん)』
ランク:A 種別:対人(対軍)宝具 レンジ:100 最大捕捉:1000人
 セイバーに恋慕する黒龍の寵愛、あるいは呪い。
 セイバーに危機が迫ると、それに呼応して水害が辺りを取り巻く。
 小規模な攻撃には水の盾による自動防御として働くが、敵サーヴァントが接近などすると
 暴風雨や落雷、洪水が周囲を混乱に陥れ、もはやセイバー自身すらも脅かす。
 この効果はセイバーの意思にかかわらず自動で発揮されるが、砂漠など水が全くない環境だと効果が制限される。
 またこの呪いによりセイバーは体に鱗が生え、竜種の属性を帯びている。

『黒龍封印・赤川源流之太刀(こくりゅうふういん・せきせんげんりゅうのたち)』
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:1 最大捕捉:1人
 高梨家に伝わる、祖先が頼朝公から給わったとされる國守の名剣。
 竜種及び水属性に対して強力な特効をもち、該当者は近くにいるだけで全てのステータスがランクダウンし、被ダメージが倍になる。
 セイバーはこの剣を抜いている間は水による被害を一切受け付けず、たとえ大津波に襲われても平然とその場に立っていられる。

【解説】
 長野県の民話、黒姫伝説に登場する、信濃の武将高梨摂津守政盛の娘。

 黒姫はある日花見の席で、一匹の白蛇に盃を分けてやった。
 するとその夜、とあるイケメンの小姓が黒姫の寝室に現れ姫に求婚した。
 その小姓は気高く立派な青年で、黒姫も彼に心惹かれるようになった。
 小姓は黒姫を嫁に貰おうと父の政盛のもとを訪れ、自身の正体は岩倉池の黒龍だと明かす。
 しかし政盛は人外の者に娘を嫁がせられないと取り合わず、
 それでも食い下がり毎日城を訪れる小姓を罠にかけ大怪我を負わせた。
 激怒した小姓は龍の正体を現し、大嵐を起こして四十八池の水を落とし人々を皆殺しにしようとする。
 それを憂いた黒姫は黒龍を陥れた父親を責めるも、伝家の名剣を持って山に赴き、黒龍を殺すことで事態を収めた。
 しかし突如山に暗雲が立ち込め、雷と氷が降って黒姫も姿を消してしまったという。
 このとき竜の流した血が赤川となり、山は黒姫山と呼ばれるようになった。

 ……というのは逸話をごった煮にした独自解釈で、実際には
 龍は身勝手な片思いで黒姫はその身を犠牲にして龍を成敗した話や
 上記のように龍と黒姫は両思いだが最後は夫婦となった話など複数のパターンが存在する。
 だがいずれにしても黒姫は龍をおとなしくさせて災害を止め、下界を去った点は同じ。
 健気で勇敢な美少女である。
 ちなみに現実の家系図に当てはめると上杉謙信の大叔母に当たることになる。

 剣士としては弱いが、ヤンデレストーカードラゴンの力で周囲を未曽有の大水害に陥れつつ
 本人はその影響を受けずに戦えるので大英雄でも手を焼く相手。
 いるだけで周囲は大迷惑なので、本人はよっぽどの理由が無い限り召喚されたがらないだろう。

  • 最終更新:2016-12-06 17:13:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード