長門

【元ネタ】NARUTOーナルトー
【CLASS】キャスター
【マスター】
【真名】長門
【性別】男
【身長・体重】175cm・40kg
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力D 耐久D 敏捷E- 魔力A+ 幸運D 宝具B~EX
【クラス別スキル】

陣地作成:D
  魔術師として、自らの有利な陣地を作り上げる。

気配遮断:E
 自分の気配を消せる。生前が忍だったためのスキル。
  本来はBはあるのだがキャスターが故にランクが低下している。
【固有スキル】
魔眼:EX
   輪廻眼と呼ばれるキャスターの宝具でもある最強の瞳力とされる至高の魔眼。
   持ち主に神に等しい能力を与え、威圧・混乱・幻惑といった精神干渉を無効化する。
    キャスターは本来の持ち主ではないので能力に制限が掛けられている。
直感:B
  戦闘時に常に自身にとって最適な展開を“感じ取る”。
   視覚や聴覚を妨害する攻撃を半減させる。

忍術:A
  忍としての技量。このランクだと並みの上忍を遥かに上回る使い手である。特にキャスターは火・水・風・土・雷の五属性を同時に使用可能。

飛翔:C
 “天道”の能力で単独での飛行が可能。

召喚:A
  “口寄せの術”で支配下に置いた獣をどこでも召喚可能。
   少ない魔力量で複数の獣を同時に喚び出す等かなり高等な能力。

戦闘続行:A
  往生際が悪い。
   瀕死の状態でも決定的な致命傷を負わない限り生き延びる。

再生:C
  千手一族とうずまき一族の血筋なため並外れた生命力を持ち、深い傷を負っても問題なく行動可能。

衰弱:E
   生前からの呪い。足が不自由という決定的なマイナススキル。
   見た目も痩せ細っており、まともに動くことは困難。
  しかし、魔力を吸収することで一時的に健康な状態に戻ることは可能でその時の身体的なステータスは、筋力B 耐久B 敏捷A にまで向上する。

【宝具】
『神の力を与える最強の瞳(輪廻眼)』
ランク:EX 種別:対人宝具 レンジ:0 最大捕捉:―――
『――痛みを知れ』

三大瞳術の中でも特に崇高とされる六道仙人のみが開眼したとされる眼。後にうちはマダラとうちはサスケが開眼している。

  斥力と引力を操る天道。
   口寄せの術を得意とする畜生道。
   魔力を吸収する餓鬼道。
   記憶と魂を抜き取る人間道。
   尋問して魂を奪う幻術を使う地獄道。
   異世界のからくり兵器を扱える修羅道。
   死者蘇生を可能としてしまう外道といった様々な能力が使用できる。

 本来ならばサーヴァント本人の固有スキル扱いだがキャスターの場合は幼少期に移植されたものなので宝具に区分されている。

  そのため固有瞳術の輪墓が使えず宝具を無効にするスキルや効果を使用されると失明してしまう。しかし、作中で最も輪廻眼の能力を使用していたこともあって使用制限が少なくほぼフルスペックで使用可能。

『神を名乗る死体集団(ペイン六道)』
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:0 最大捕捉:6人
  『ペイン六道、ここに見参』

   キャスターが畜生道の口寄せで輪廻眼を転写した死体に地獄道の能力で魂を入れ、外道の棒を刺すことで誕生した死体傀儡。
    六体同時に遠隔操作が可能でその範囲は冬木市全体。高い所からの操作ならば更に広範囲で活動できる。
    一個体一系統の能力しか使用できないが視覚を共有しており戦闘力も高いので六体同時に相手にすれば並みのサーヴァントならまず太刀打ちできない。
  基本ステータスは筋力B   耐久C+    敏捷A   魔力A   だがリーダー格である天道は耐久がA+もあり異常に頑丈。
  地獄道さえ居れば何度も復活でき、全滅してもキャスターが死体を回収すれば再び復活するので実質不死身に近い。

【Weapon】
外道の棒
   キャスターが作り出した特殊な金属の棒。刺した相手の精神と魔力をかき乱す。
【解説】
   NARUTOに登場する犯罪組織“暁”の表向きのリーダーだった男。

  “平和を生み出し、正義を成すこと”が願い。

  聖杯戦争では基本的に陣地に籠ってペインを操作してマスターと行動している。

  • 最終更新:2016-07-22 13:28:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード