里見蓮太郎

【元ネタ】ブラック・ブレット
【CLASS】アーチャー
【マスター】
【真名】里見蓮太郎
【性別】男
【身長・体重】172cm・62kg
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力:C 耐久:B 敏捷:C 魔力:D 幸運:B 宝具:B++

【クラス別スキル】
対魔力:D
 一工程(シングルアクション)による魔術行使を無効化する。
 魔力除けのアミュレット程度の対魔力。

 単独行動:B
 マスターからの魔力提供を断ってもしばらくは自立できる能力。
 ランクBならマスターを失っても2日は現界可能。

【固有スキル】
 心眼(真):B
 修行・鍛錬により培った洞察力。
 窮地において自身の状況と敵の能力を冷静に把握し、その場に残された活路を導き出す“戦闘論理”
 逆転の可能性が1%でもあるのなら、その作戦を実行に移せるチャンスを手繰り寄せられる。

戦闘続行:A
 往生際が悪い。瀕死の傷でも戦闘を可能とし、決定的な致命傷を受けない限り生き延びる。
 覚悟を決めたアーチャーは腹をぶち抜かれるなどして霊核を破壊されても戦う不屈の精神を持ち、最大5ターンは生存できる。

射撃:B
 飛び道具の使用の補正効果を与える。
 アーチャーの場合、近距離ならば銃弾の命中度が飛躍的に上昇する。

天童式戦闘術:B
天童家に伝わる武術の1つであり、非常に習得が難しいスキル。
 Aランクにして、ようやく「習得」したといえるレベル。
 アーチャーは実戦経験豊富はなれど、いかんせん未だ初段である。

【宝具】
『新人類創造計画(バラニウム・アーマー)』
 ランク:C+ 種別:対人宝具 レンジ:1~5 最大補足:1~5人
 アーチャーの右腕右足、左目に装着された義手義足、義眼。
 筋力、耐久、敏捷を常時1ランクアップする(上記ステータスはアップされた状態)。
 また、手足にそれぞれ搭載されたカートリッジの逆噴射によりインパクトの瞬間(最大1ターン)のみ、筋力、俊敏を2ランクアップする(筋力:A 敏捷:Aとなる)。
 さらに、『三点撃(バースト)』と呼ばれる攻撃はカートリッジの消費が激しい代わりにさらなる強化を筋力、俊敏に加える(筋力:A+ 敏捷:A+となる)。
 ただし、カートリッジは搭載数は15発なので、強化は1日最大15回、『三点撃』となると5回までしか発動できない。

『最後の希望(アンリミテッド・バースト)』
 ランク:B++ 種別:対人宝具 レンジ:1~10 最大補足:1人
 前述の『新人類創造計画』のカートリッジを全て排出して発動することができる。
 戦車の砲弾を越える貫通力持ちながら、ミサイルの直撃に匹敵する破壊力を誇る。
 まさに「とどめの一撃」であり、使用した日はカートリッジを全て消費するため、『新人類創造計画』は使用不可。
 また、カートリッジの総数は15本と決まっているため、『新人類創造計画』の発動後にこの宝具を発動すると、減ったカートリッジの分だけ威力は減少する。

『二千秒分の一の向こう側(ターミナル・ホライゾン)』
 ランク:A 種別:対人宝具 レンジ:1~99 最大補足:1~1000人
 義眼に搭載された思考加速能力。その限界の突破したある種の境地。 
 レーザー、ビームなどのエネルギー以外のあらゆる物体の動きを「見てから」判断及び対処できる。
 人体の動き程度なら止まって見える他、思考加速をしているため特殊な戦法なども看破し、白兵戦から長距離戦どの場面においても圧倒的優勢を得られる。
 ただし、継続時間が短く最大10ターン程度である。
   
【Weapon】
『スプリングフィールドXD』
 装填数10発の近代拳銃。2000年代の新型銃でありながら、優秀でアーチャーのもう1つの相棒。

【解説】
 電撃文庫『ブラック・ブレット』に登場する主人公。
 口は悪いわ、態度は悪いわ、でもチンピラや協力な敵や武器、化け物にはしっかりビビる、ある意味らしいグレた高校生。
 家族を幼い頃に失い、引き取られた家に馴染めず出奔。
 両親を殺した化け物「ガストレア」を殺すことを人生の目的とすらしていた。
 しかし、相棒兼家族となった少女「藍原延珠」の存在により、彼女を助け、守り、一緒に幸せに生きることを次第に強く思っていくようになる。
 基本は見かけ倒しのチンピラ(目つきが悪い)だが、延珠の始めとした仲間たち(主に幼女)の呼びかけや約束には必ず応える紳士の中の紳士。
 ロリは至高だとその身をもって教え続けてくれる真のロリコンである(本人否定)。

  • 最終更新:2016-01-09 02:21:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード