藤村大河

【元ネタ】Fate/stay night、Fate/EXTRA CCC、トラぶる花札道中記、フェイト/タイガーころしあむ、他
【CLASS】ムーンタイガー
【マスター】なし
【真名】藤村大河
【性別】女
【身長・体重】168cm・53?
【属性】混沌・善
【ステータス】筋力:★ 耐久:★ 敏捷:★ 魔力:★ 幸運:★ 宝具:★
【クラス別スキル】
【固有スキル】
虎の杯:EX
タイガーが持つ虎の絵があしらわれた水筒。タイガーの願いをかなえるという魔法瓶。虎聖杯とも。
紛うことなき偽聖杯であるが、人間の欲望を叶える“本物の聖杯”としては問題ない力を持っている。

【宝具】
 『霊子虎構道場(シリアス・スイープ・フィールド)』
 ランク:★ 種別:対界宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:1000人
ムーンセルを包み込んだ「あたまの悪い結界」の正体。
タイガーが獲得したEXスキル『虎の聖杯』を最大限に活用した、事象書き換えによるシリアス・パージ。
「繋がってはいけない根源」からの情報を超精密立体プリンターとして出力し、使用者の望むままの世界観で、いまある世界観を握りつぶす対界宝具。
その場にある物体を原子単位までばらばらにして再構成する他、運不運、偶然といった場の情報を書き換えて再出力する事も可能。

『虎の世全ての楽(タイガー魔法陣CCC)』
 ランク:★ 種別:対界宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:1000人
 タイガーが元々修得していた固有結界『無限の道場』がムーンセルの力でさらに明後日の方向に昇華された宝具。
霊子虎構道場内の戦闘行為はこの宝具の影響により、全てレクリエーションで行われるようになる。
レクリエーションの内容は花札などのテーブルゲームを始めとして、テニスなどのスポーツや鬼ごっこなどの遊戯などこの世に存在するありとあらゆる娯楽である。
ただし、誰か一人だけが一方的に快楽を得たり、反対に誰か一人だけが一方的に虐げられるようなものはそこから外され、競技での死者は決して出なくなる。
これはタイガーがムーンセルを掌握した際の「願い」に起因する。
なお、発動と維持に必要なコストはみかん3個。

【Weapon】
『妖刀虎竹刀』
タイガーの愛用する虎のストラップ付きの竹刀。
一度抜かれると血を見るまで納まることはないという厄介な代物。
プロトンスイッチが内蔵されているらしい。

【解説】
ある日、みんなが目を覚ますと、ムーンセル全体があたまの悪い結界に包まれていた。
そしてSE.RA.PH内に響き渡る放送。
「ムーンセル内で稼働中のすべての思考体に通達します。
上級AIによる中枢制御が達成され―――「毎度おなじみ、聖杯戦争、聖杯戦争でございます。
ご不要になった夢希望、もう諦めた野望などがございましたら、
お気軽にコロシアムにおいでください」
響き渡る謎の声。
SE.RA.FH内に蔓延する対戦ムード。
失われた令呪。
マスターとサーヴァント、そして運営NPCの関係は崩壊し、
ある者は凶暴化し、ある者は凶暴化し、またある者は凶暴化した。
そして脈絡もなくSE.RA.PH内のあちこちで流行りだす虎グッズ。
このままでは月の獣が兎ではなく虎になってしまう。
ムーンセル崩壊の危機に立ち上がる良識人と、
ムーンセル崩壊の不遇に沸き上がる遊び人たち。
それぞれの目的のため、今一度武器を取る二つの勢力。
そして、一部のマスターとサーヴァント、そして運営NPCが思った。
「いい加減にしろよ、藤村……」
いま、月の虎聖杯をめぐる新たな戦いが始まる。



【元ネタ】フェイト/タイガーころしあむアッパー他
【CLASS】アルターエゴ
【マスター】タイガー
【真名】大河EX
【性別】女
【身長・体重】165cm・53kg
【属性】混沌・善
【ステータス】筋力:A+ 耐久:B 敏捷:A 魔力:A 幸運:EX 宝具:EX
【クラス別スキル】
友の船:EX
 id-es(イデス)と呼ばれる、アルターエゴたちが生まれながらに持つ特殊能力。
 スキル『カリスマ』から進化したチートスキル。
 チャームの最上級。ただし、相手を思いのままに支配するものではない。
 彼女と接した者はどんなモノであろうと彼女に気を許してしまう。
 彼女と心を通わせるのに共通の言語は必要ない。知性体であれば誰とでも仲良くなれる。

【固有スキル】
直感:A
 戦闘時、常に自分にとって最適な展開を「感じ取る」能力。
 Aランクの第六感はもはや未来予知に近い。また、視覚・聴覚への妨害を半減させる効果を持つ。

戦闘続行:A
 往生際が悪く、瀕死の状態でも戦闘を続行するスキル。

勇猛:A+
 威圧・混乱・幻惑などの精神干渉を妨げるスキル。
 また戦闘能力を向上させる技能。

【宝具】
『星巡りの虎竹刀(超ウルトラグレートスーパーデリシャスバンブーブレード)』
ランク:EX 種別:対人宝具 レンジ:1~2 最大捕捉:1人
 霊子虎構道場(通称SSF)内で決められたルールを守らない不届き者を更生させるためにタイガーから与えられた宝具。
 四つの星々の力をその刀身に宿した虎竹刀。
 装備者のパラメーターを敵対しているものよりも4ランク上にする。
 ただし、規格外であるEXや数値にすることが出来ない★のパラメーターに対しては、
 装備者本人が持つ本来のパラメーターのままである。

『無限の道場・虎の数字(タイガーアポカリプス)』
ランク:EX 種別:対軍宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:1000人
 集団暴動を鎮めるためにタイガーから与えられた宝具。固有結界。
 結界内にいる者全員に星巡りの虎竹刀でクリティカルを入れた時と同じダメージを与える。
 このダメージはいかなる術を用いても無効・削減できない。
 心象風景は無限の道場と同じく、無数の竹刀が突き立つ荒野。

【解説】
 タイガーの「正義心」「公序良俗」から生まれたアルターエゴ。
 容姿は胴着に虹色星柄アフロヘア―をしたタイガー。
 タイガーの分身とは思えないほど、とてもお淑やかな性格をしている。その為、彼女の事を綺麗なタイガーと呼ぶ者が多い。
 ただし、楯突く者には容赦のない教育的指導を施す。「正義は必ず勝つ、即ち勝った者が正義」がモットー。
 SSF内で定められたルールを無視して乱暴を働く狼藉者を更に上の暴力を用いて止める役目を負っている。
 アルターエゴは、複数の英霊を融合させて作り出された「英雄複合体」であり、
 更にベースとしてハイ・サーヴァントと呼ばれる神話上の女神を基本ベースとして組み込まれている。
 彼女に組み込まれた女神はローマ神話において正義を意味する女神ユースティティア、
 ギリシア神話において他人に対する怒りなどの道徳的な罪悪を非難する役割を持つ女神アレクト、
 北欧神話において未来の運命を司る戦乙女(ワルキューレ)のスクルドの三柱。
 以前、正義の名の下に創造主であるタイガーに立ち向かったことがあったが、虎の杯の力でスキルと宝具を封印、
 ステータスを初期化された挙句、虎聖杯からタイガーが呼び出した無差別級の変な奴に攻撃が当たってしまい、ぼこぼこにされた
 (その後、その無差別級は責任をもって、あるべき場所へ送り返した。と、タイガー本人は語っている)。


【元ネタ】Fate/stay night他
【CLASS】アルターエゴ
【マスター】なし
【真名】冬木の虎
【性別】女
【身長・体重】165cm・不明
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力:A+ 耐久A+ 敏捷A+ 魔力A+ 幸運C- 宝具:EX
【クラス別スキル】
虎の巻:EX
 id-es(イデス)と呼ばれる、アルターエゴたちが生まれながらに持つ特殊能力。
 スキル『蔵知の司書』が変質したチートスキル。
 普通であれば自らの前世の記憶を探り、知識や技能を一時的に修得・再現するだけのものだが、
 英雄複合体である彼女の場合は自らの肉体を構成する元となった英雄のスキルや技術までも修得可能。
 ただし、Aランク以上のものを修得するためにはLUC判定に成功する必要がある。
 もし失敗した場合は、そのスキルの修得は二度と出来なくなる。

【固有スキル】
狂化:★
 理性と引き換えに、驚異的な暴力を所持者に宿すスキル。
 破壊衝動から生まれた彼女は、理性を失うことなく常時このスキルの恩恵を受けている。

単独行動:EX
 マスター不在・魔力供給無しでも長時間現界していられる能力。
 もとより勝手に生まれた身である彼女にとって、マスターなどというものは不要である。

神性:EX
 神霊適格性の高さ。
 ベースに純粋な神霊こそ使われていないものの、異なる神性を持ったサーヴァントが複数体使われているため、擬似的な複合神性を得ている。

【宝具】
『黒虎竹刀』
ランク:EX 種別:対人宝具 レンジ:1~2 最大捕捉:1人
 見た目は普通の虎竹刀だが、最上級の呪いが中に込められている。
 この竹刀の所持者はあらゆるフィールド補正を無視できる。霊子虎構道場であっても例外ではないため、
 冬木の虎の攻撃は月の虎聖杯戦争参加者を死に至らしめる可能性を秘めている。

『黒虎の杯(アンリマユSSF)』
ランク:EX 種別:対人宝具 レンジ:‐ 最大捕捉:‐
 冬木の虎が持つ聖杯。見た目はタイガーの持つ虎の杯と同じものだが、色彩が白黒となっている。
 冬木の虎が倒した相手の魂を封印し、捕える能力を持っている。囚われた相手は冬木の虎のサーヴァントとなって使役されてしまうこともある。
 また、冬木の虎が望むアイテムを創造する役目を担っており、彼女のベースになっている英霊のものならば宝具でさえ再現可能。
 なお、中身をぶちまけた場合そのフロアにあるモノ全てが破壊されてもおかしくない程の濃密な呪いが溢れ出す。

【Weapon】
『薙刀』
 冬木の虎が竹刀の他に常に所持している唯一の武装。
 しかし、なにやら思い入れがあるらしく、たとえ黒虎竹刀が折れようとも彼女がこの武器を使う事はない。

【解説】
 タイガーの『闘争本能』、『破壊衝動』から勝手に生まれてしまったアルターエゴ。
 顔の作りや身体つきはほとんどタイガーと同じだが、髪だけは白髪のポニーテールになっている。
 タイガーのことを微塵も感じさせない程の冷酷無比な性格。月の虎聖杯戦争の参加者を見境なく打ち倒し、杯の中に捕えている。
 アルターエゴは基本的に女神たちをベースにされているのだが、彼女はタイガーが無意識のうちにアルターエゴ達に使うのを避けていた通常の英霊(男女問わず)をベースにしている。
 そのベースとなった英霊たちはある共通点を持ち、その数は15体。
 なお、何故か彼女の幸運のステータスはタイガーのアルターエゴとしては異常なほど低くなっている。
 風の噂ではベースにした英霊の何体かの影響と言われている。

  • 最終更新:2018-04-06 10:20:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード