菅六之助正利

【元ネタ】日本・史実
【CLASS】アサシン
【マスター】
【真名】菅六之助正利
【性別】男
【身長・体重】cm・kg
【属性】秩序・悪
【ステータス】筋力D 耐久D 敏捷D 魔力D 幸運C 宝具D
【クラス別スキル】
気配遮断:B
 サーヴァントとしての気配を絶つ。
 殺気を完全に殺すことが出来、会話中に一撃を見舞ってもしばらく気付かれないほど。

【固有スキル】
獣殺:C
 虎殺しの才。獣、就中猛獣の性質を持つ者へのダメージを増加させる。

無窮の武練:D
 ひとつの時代で無双を誇るまでに到達した武芸の手練。
 宮本武蔵の父である新免無二に新当流を、柳生石舟斎の兄弟子である疋田豊五郎に新陰流を、
 それぞれ教授されたという。

天性の肉体:E
 恵まれた肉体。身長は190cm近く、握れば鼎を曲げたという。
 状態異常に拘らず、万全の力を発揮出来る。

【宝具】
『斃秦・南山(へいしん・なんざん)』
ランク:D 種別:対人宝具 レンジ:1~10 最大捕捉:1人
 朝鮮の役で厩に侵入した、一説に虎狩りの最中に逆襲して足軽を襲った虎を討った刀。
 大徳寺春庵和尚に斃秦、林羅山に南山の銘を、それぞれ中国の故事から与えられた。
 二つの異なる銘と二つの異なる虎殺しの逸話が合成されており、「斃秦」の真名開放と同時
 に最初の一撃を見舞い、「南山」の言葉と共にアサシンからやや離れた位置に相手がいても
 刀身が届き、追加の一撃を眼前から与える。
 真名開放時のアサシンは無敵状態にあり、判定次第で獣の性質を持つ者を即死させる。

【Weapon】
『打刀・斃秦』
 備前吉次の作。二尺三寸。
『朱色の甲冑』

【解説】
 黒田家の家臣(1567~1625)。一説に、寛永6年(1629)59歳没。菅原道真の子孫という。
 朝鮮の役では後藤基次と共に厩に侵入した虎を仕留めたが、主の黒田長政からは将のやる事
 ではないと叱責されている。
 長政は家臣に対して上意討ちを命じることが何度かあったが、通常は呼び出される度に皆が
 興奮した態であった。しかし、アサシンのみ平時と変化がなかったという。
 身長は六尺二寸と伝えられるが、橘清友や小野篁、藤堂高虎、山岡鉄舟他についても同様に
 言われており、高身長を示す常套句であったものかもしれない。

  • 最終更新:2016-07-25 05:50:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード