舞台の魔物

【元ネタ】民間伝承

【CLASS】アサシン

【マスター】

【真名】「舞台の魔物」

【性別】なし

【身長・体重】不定

【属性】混沌・悪

【ステータス】筋力C 耐久C 敏捷B 魔力B 幸運EX 宝具A

【クラス別スキル】
気配遮断:EX
 アサシンは舞台に立つものの運命と同義。ターゲットは、己がアサシンに襲撃されるまで決して気づかない。
 場合によっては襲撃されても気づかない事もある。

【固有スキル】
祝福されぬ生誕:A
 アサシンの存在は決して喜ばれない。恨まれ、恐れられ、時には殺意さえ向けられる。

変化:EX
 アサシンは決まった姿を持たない。相手を失敗させるものは、時には舞台の汚れであり、時には道具の不調であり、時にはターゲットの腹痛である。アサシンはそれら全てになり得る。
 また、アサシンは決まった姿を持たない為、基本はマスターの姿を真似る。

神話妨害:EX
 アサシンが存在しなければ成立した神話は数知れず。妨害され消滅した神話達の恨み辛みは、アサシンの力となる。

【宝具】
『舞台に潜む魔物(フェータル・ミステイク)』
ランク:A 種別:対人宝具 レンジ:1人 最大捕捉:1人
 アサシンを構成する「舞台には魔物がいる」という言葉を体現した宝具。
 相手の致命的なうっかりを強制的に発動させる。相手の幸運のステータスによって変動こそするものの、大抵の場合は致命傷になる。ただしそれは聖杯戦争においての致命傷であり、必ずしも命には関わらない。
 また、この宝具を使用するとアサシンが相手の幸運を吸い上げる。

『触れれば転倒!(トラップ・オン・ステージ)』
ランク:E 種別:対人宝具 レンジ:2~4人 最大捕捉:1人
 相手を転倒させる。アストルフォのものより威力が劣るが、転倒させるのに媒体が不要な為確実に決まる。

【Weapon】
なし


【解説】
「オリンピックにすむ魔物」「本番の魔物」「舞台に潜む魔物」等、大事な場面での失敗時に使われる「魔物」そのもの。それはサーヴァントという型に押し込めた運命そのものであり、アサシンの攻撃は誰にもまず回避は出来ない。
 だが代わりに殺傷能力も低く、そしてアサシンに殺意は無いため、サーヴァントとしては使いどころが難しい個体でもある。

  • 最終更新:2017-04-13 21:17:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード