白坂小梅

【元ネタ】アイドルマスターシンデレラガールズ&グランブルーファンタジー
【CLASS】キャスター
【マスター】
【真名】白坂小梅
【性別】女
【身長・体重】142cm・34kg
【属性】中立・善
【ステータス】筋力E 耐久E 敏捷C 魔力A 幸運A 宝具A+
【クラス別スキル】
陣地作成:A
魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。
怪しげな洋館や、墓場、森にたたずむコテージなど
"ホラー映画の舞台"を作成できる。

道具作成:A
魔力を帯びた器具を作成できる。
特に呪いのこもったオカルトグッズの作成が得意。

【保有スキル】
アイドル:C
キャスターのアイドルとしての才能がそのままスキルとなったもの。
キャスターの歌とダンスは奇妙で不思議な魅力があり、これらの技能を使用する際有利な補正を得る。
また、同ランクの魅了としてのスキルも兼ね揃えており、他者を強く惹きつける。

呪術:C
ホラー映画やオカルト本で身につけた知識。
相手に呪いをかけることで、いずれかのステータスを1ランクダウンさせることが出来る。

霊感:A
霊的存在の意思疎通が可能。
また、付近の霊体化しているサーヴァントを即座に感知したり、
気配遮断などの隠匿効果を持つサーヴァントの気配を感知することもできる。

使い魔(アンデッド):B
ゾンビやゴースト等のアンデッドを使役できる。
召喚されるアンデッドは一般人でも武装すれば対処できるレベルの弱さだが、
召喚にかかるコストはごくわずかなため、数の多さで圧倒することが出来る。

【宝具】
『悪夢の贄歌(ナイトメア・ソング)』
ランク:C+ 種別:対軍宝具 レンジ:1~50 最大補足:50
アイドルでもあるキャスターのホラーゴシックな歌が宝具として昇華されたもの。
キャスターの歌は一種の強化魔術として機能し、範囲内にいる味方の攻撃力を向上させることが可能。
属性がゾンビやゴーストなどのアンデッドの属性を持つ場合、効果がさらに倍増される。

『生ける屍のえじき(リビングデッド)』
ランク:A 種別:対軍宝具 レンジ:30 最大補足:13
キャスターを中心に闇の瘴気を発生させる宝具。
ヒットした敵は闇属性のダメージを受け、追加効果として"アンデッド"のバッドステータスを付与する。
"アンデッド"状態の敵はHPを回復させる宝具やスキルなどを
使用した場合、HPは回復せず、逆にその数値分のダメージを受ける。
この状態異常は6ターン経過するか、バッドステータスを回復する魔術で解除可能。

『顔のない魂(あの子)』
ランク:A 種別:対人宝具 レンジ:1~20 最大捕捉:5
生前、キャスターのずっと近くにいるのにも関わらず、
彼女以外には誰も見えない謎の幽霊である"あの子"の逸話が宝具となったもの。
この宝具は常時発動しており、通常時はキャスターへ会話したり、付近の索敵を行ってくれる。
また、キャスターが危機に瀕した時には自動で敵を攻撃し、キャスターの身を守ったり、
キャスターの代わりに敵を周辺の家具や置物を飛ばして、ポルターガイスト攻撃してくれる。
生前の逸話によりその姿はキャスター以外にしか見えず、会話も不可能。
ただし、霊感が強い者あるいはCランク以上の気配感知系スキルを持つ者であれば
判定次第でその存在を認知することが可能。

『血みどろ殺人事件(ミゼラブル・マーダーケース)』
ランク:A+ 種別:対軍宝具 レンジ:2~66 最大捕捉:24
キャスターの最大奥義が宝具化したもの。
キャスターの杖から映写機から出る光のようなものが発生し、
その光の範囲内にいる敵にジェイソンやフレディの姿を彷彿させる
"ホラー映画に登場したモンスターの影"が襲ってくる。
影達は倒してもまた新しい影として復活するため、この宝具から逃れるには
宝具の効果範囲外に逃げるか、光を発生する杖を破壊するしかない。
また、"アンデッド"のバッドステータス状態時にこの宝具の攻撃がヒットした場合、
さらに闇属性の追加ダメージを受ける。

【Weapon】
《ドクロ型ステッキ》
キャスターの所有する髑髏を模した魔術用の杖。
元々は撮影用の小道具であったが、異世界に転移する際に性質が変化した。
キャスターが魔力を込めることにより、呪術・闇の魔術等を発動できるようになった。

【解説】
モバゲー「アイドルマスターシンデレラガールズ」に登場するキャラクターの1人。
金髪の髪の毛で、赤い瞳を片方隠しているキタロースタイル。年齢は13歳。属性はクール。
趣味はホラー・スプラッタ映画鑑賞、心霊スポット巡りのオカルト好き少女。
霊感が強く他のアイドルたちには見えないモノが見えるらしく、
彼女の傍らにはいつも傍に憑いている"あの子"もその1人。
また、同じモバゲーである「グランブルーファンタジー」とのコラボイベント、
「シンデレラファンタジー」の第4弾登場キャラの1人としても登場している。
映画撮影をしている最中ぴにゃこら太の魂に呼ばれ、グランブルーファンタジーの世界に迷い込む。
そこで出会った騎空士たちとともにぴにゃこら太の幽霊と遊んで、成仏させることに。
その最中に騎空士のパートナーの少女ルリアが一体化するのを目撃し、感銘を受ける。
いつも一緒にいるものの、触れることの出来ない"あの子"と手を繋ぐ方法を探すため、
そして、プロデューサーたちと元へ帰る手段を探すため騎空士たちの仲間になることを決意するのだった。

  • 最終更新:2017-08-01 21:12:38

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード