李賀

【元ネタ】中国・史実
【CLASS】キャスター
【マスター】
【真名】李賀
【性別】男
【身長・体重】cm・kg
【属性】混沌・中庸
【ステータス】筋力E 耐久E 敏捷D 魔力B 幸運E 宝具B
【クラス別スキル】
陣地作成:A
 魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。 “工房”を上回る“白玉楼”を形成することが可能。
 天帝が宮殿を新造する度に召され、詩作を命じられていたという話が伝えられている。

道具作成:E
 魔術的な道具を作成する技能。キャスターの詩と調和していた管弦の具を作り出す。

【固有スキル】
呪歌:B
 歌を用いた魔術体系。旋律を付けて発することで万物の心に働きかける。
 李白や杜甫に及ばない。しかし、李白や杜甫にない世界を生み出した。

虚ろなる生者の嘆き:C
 科挙を受験することすら認められず、その後のキャスターの人生を定めた運命への怨嗟の声。
 耳にした周囲の人間に猛烈な悲嘆の念を呼び起こす。

仙術:C
 大陸東部で培われた魔術体系。
 『太平広記』によると死んだのではなく、天帝に召されて神仙になっていたという。

病弱:C
 戦闘開始後、ターン経過と共に、HPの微減が続く。このスキルは外せない。

【宝具】
『鬼才の詩(きさいのうた)』
ランク:B 種別:結界宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:1000人
 『鬼は,呼ぶものにあらず。呼びて来たる鬼,外道なり。鬼,おのずから内にありて,しかも外より来る。』
 難を言われて科挙に挑戦する夢を放棄させられた為か、あるいは秘めていた生来の素質ゆえか。
 キャスターの中には「鬼」が潜んでいた。今もある「鬼才」という言葉も、キャスターが起源なのである。
 その詩には竜や鳳凰が平然と姿を現し、地理は東西南北を弁えない。
 万里を渉り、風塵を共にする。そうしたキャスターという人間そのものが反映された固有結界。
 眼前の風景は常に様相を掴ませず、行った筈の方角に進んでいない、思いもしない方角から攻撃を受け、自分
 の攻撃した側に味方がいるなど、空間の繋がりを無視した出来事が起こる。

【Weapon】
『三尺の剣』
 本来は従兄弟の所蔵品。荊軻の剣の如き業物とキャスターが讃えた詩が著名である。

【解説】
 中唐の詩人(791~817)。字は長吉。唐の皇室の遠縁にあたり、杜甫とも親類関係にあった。
 7歳(とされているが実際は19歳時と考証されている)の時に楽府を始めとした詩才にあふれていること
 を耳にした韓愈の訪問を受け、才能を激賞される。
 特別なことがない時には苦心して詩を生み出し、さっと書き付けては袋に入れる姿を見た母親からは、
 「心臓を吐き出すまで詩作を止めないでしょう」と言われる活発ぶりであった。
 そして地方試験を受け、20歳の時に上京、科挙を受けて高位に登ろうとする。
 ところが父の諱の「晋粛」の字と合格者である「進士」の字が同音であり、父の諱を犯すべからずという
 物言いが付き、韓愈が論文「諱弁」を提出してくれたにも関わらず、戦わずして不合格となってしまう。
 その後は下級官吏となったものの生来の病弱さから病を得て致仕、故郷に戻っていたある日天帝からの使
 者だと赤い蛟に乗った緋の衣の人が現れ、才ゆえに召されて死んだ。
 これはその場にいたキャスターの姉が目撃した話を直接取材した李商隠が記録したものであり、この話か
 ら文人の死をキャスターが召された宮殿に由来して「白玉楼中の人となる」と呼んでいる。
 性格は傲慢で狷介であったという逸話がいくつか伝わっているが、史実ではそうでもなかったらしい。


					
  • 最終更新:2015-12-21 06:25:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード