天竺徳兵衛

【元ネタ】日本・史実+歌舞伎
【CLASS】ライダー
【マスター】
【真名】天竺徳兵衛
【性別】男性
【身長・体重】不明
【属性】混沌・善
【ステータス】筋力D 耐久D 敏捷B 魔力C 幸運C 宝具A+
【クラス別スキル】
騎乗:A
 幻獣・神獣ランクを除く全ての獣、乗り物を自在に操れる。

対魔力:C
 第二節以下の詠唱による魔術を無効化する。
 大魔術、儀礼呪法など大掛かりな魔術は防げない。

【固有スキル】
無辜の怪物:B
 日本を亡ぼそうとした、朝鮮人の妖術師・大盗賊。
 後世の劇作家から植え付けられたイメージによって、過去や在り方をねじ曲げられた怪物の名。
 能力・姿が変貌してしまう。ちなみに、この装備(スキル)は外せない。

妖術:B
 優れた妖術の使い手である。
 ただし、巳年巳日巳刻生まれの人間の血を浴びると使えなくなる。

千里眼:C
 視力の良さ。遠方の標的の捕捉、動体視力の向上。 また、透視を可能とする。

直感:D
 戦闘時、つねに自身にとって有利な展開を”感じ取る”能力。
 攻撃をある程度は予見することができる。

仕切り直し:D
 戦闘から離脱する能力。

【宝具】
『南無守護聖天(なむしゅごしょうてん)』
ランク:B 種別:対軍宝具 レンジ:1~50 最大捕捉:50人
 後世の自雷也へと繋がる、「妖術師」としての天竺徳兵衛を代表する宝具。
 口から火炎を吐き、空中を飛行する巨大蝦蟇を出現させる。

『天竺渡海物語(てんじくとかいものがたり)』
ランク:A+ 種別:結界宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:1000人
 「無辜の怪物」スキルに因らない、ライダー本来の宝具。
 ライダーが若い頃、天竺(実際はインドシナ半島)へと渡り、多くの国の人間と出会い、様々な珍奇な
 物を目にしたという、若き日の血肉躍る冒険譚を宝具化した固有結界。
 周囲を南海とジャングルに覆われた島々に変え、原典に虚構の面が存在したことに基づき、都合よく地
 形や天候を変更することが出来る。
 ライダーにとっては一種の夢の中であり、空中であれ海上であれ飛行して移動することが可能。
 
【Weapon】
『打刀・浪切丸』
 天竺徳兵衛が日本転覆のために盗み出したとされる名刀。

『銅鏡・浪頭』
 浪切丸と共に盗み出されたとされる名鏡。

【解説】
 江戸時代前期に播州高砂に居住していた町人(1612?~1707以降)。
 若い頃はインドシナ半島に渡航した商人であり、その際の見聞を書籍にまとめて紹介し、好評を博した。
 子孫も明治時代までは確認されている、悪党でも陰謀家でもなかった冒険家。
 ところがその冒険譚が並木正三・鶴屋南北などの数多の劇作家の創作意欲を刺激してしまい、何時しか
 「実は朝鮮人で、日本を亡ぼそうとした妖術師・大盗賊」にされてしまう。
 そのため、元々は真っ当なライダーであったものが、キャスター属性までついてしまい、スキル「嵐の
 航海者」を喪失し、代わりに単独での戦闘に向いたスキルが増加した。
 出典(純然たる創作物)によっては曽呂利新左衛門や天草四郎時貞と同一人物にされており、もはや訳
 が分からないキャラ付けをされてしまっている。
 聖杯への望みは、スキル「無辜の怪物」の除去である。

  • 最終更新:2018-02-14 07:19:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード