レオン・ルイス

28-232

【元ネタ】牙狼-GARO- -炎の刻印-
【CLASS】セイバー
【マスター】
【真名】レオン・ルイス
【性別】男
【属性】中立・善
【ステータス】筋力C 耐久B 敏捷A 魔力D 幸運D 宝具A
【クラス別スキル】
対魔力:D(B)
呪術に耐性のある魔法衣によりDランクの対魔力を保有し、また宝具の発動によりBランクに上昇する。
騎乗:C

【固有スキル】
炎の刻印:A
母親が火刑の炎から子を守るために刻んだ刻印、炎熱系攻撃の耐性と同ランク程度の魔力放出(炎)を発揮しその消費魔力を1/4に抑える。
それでもセイバーの魔力値では長時間使用し続けることはマスターへの多大な負荷となるのだが。

魔戒騎士:B
誰かを守る時、又は人類を脅かす者と戦う時、一時的に攻撃力を上昇させる。
「守りし者」である魔戒騎士によって人類は希望の光を得た、彼らの苦悩を知らずとも守る対象がどんな者であろうとも人を守るとき彼らは闇を切り裂く希望の光となる。

心眼(真):C
修行・鍛錬によって培った洞察力。
窮地において自身の状況と敵の能力を冷静に把握し、その場で残された活路を導き出す戦闘論理。

【宝具】
『受け継がれる黄金の鎧(ガロ)』
ランク:A 種別:対人 レンジ:- 最大捕捉:1
最強の魔戒騎士の称号であり、彼らが纏う牙狼の鎧と牙狼剣が宝具と化した物。
耐久をAランクにアップさせる。材質に使いこなせば重量を自在に変えられるソウルメタルを使用しており、魔戒騎士のランクによってボーナスが加わる。鎧を召喚する宝具という性質上魔力消費は少ないが、99.9秒の制限時間がある。

『受け継がれた光芒の剣(ガロ)』
ランク:A+ 種別:対人 レンジ:- 最大捕捉:1
双烈融身ガロ
『受け継がれる黄金の鎧』と父親の鎧を掛け合わせた宝具。筋力がB、耐久と敏捷はA+ランクになり、魔力放出(炎)による飛行能力を獲得する。

【Weapon】
魔戒剣
ソウルメタル製の剣であり天にかざし円を描くように振るうことで鎧を召喚し召喚中は宝具である牙狼剣となる。
ザルバ
ソウルメタル製の指輪に悪魔を封じ込めて作られた牙狼専用の魔術礼装。
優れた気配探知能力と知識によって魔戒騎士のサポートをする。

【解説】
劇場版公開中!ということで
まだ見てないからおかしいとこあるだろうけど本編終了後すぐのレオンくんが呼ばれたってことで勘弁してね。
ライダーなら轟天が鎧に追加されて双烈が削られてアヴェンジャーとかバーサーカーとかだと心滅か前期のひび割れ姿固定で呼ばれる感じで


29-31

【元ネタ】牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-
【CLASS】セイバー
【マスター】
【真名】レオン・ルイス
【性別】男
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力B 耐久B+ 敏捷B- 魔力C 幸運C- 宝具A-
【クラス別スキル】
対魔力:D
 一工程(シングルアクション)による魔術行使を無効化する。
 魔力避けのアミュレット程度の対魔力。

騎乗:A
 騎乗の才能。大抵の獣や乗り物ならば人並み以上に乗りこなせるが
 幻獣・神獣ランクの獣は乗りこなせない

【固有スキル】
魔戒騎士:A-
 人を喰らう邪悪な魔獣「ホラー」を狩る魔戒騎士としての能力を表すスキル。
 使い手の心の在り様によって重量及び硬度を自在に変化させる金属「ソウルメタル」で作られた武具や魔導具を操る能力などを示す。
 並外れた「覚悟」や「勇気」を持っていれば、一般人でもある程度ソウルメタルを扱うことは可能。
 しかし完全に操るには魔戒騎士としての修練が不可欠。魔の属性を持つ相手と対峙した際、ランクに応じて有利な補正がかかる。

守りし者:B
 他者を守る際・及び他者を害そうとする者と対峙した際、一時的に攻撃力と防御力を上昇させる。
 一時期は復讐の為に剣を振るっていたが、ある出来事をきっかけに「守りし者」の使命を自覚するようになる。
 そして、数多の戦いを経て魔戒騎士の最高位「黄金騎士・牙狼」の称号に相応しい騎士となった。

戦闘続行:B
 瀕死の傷でも戦闘を可能とし、決定的な致命傷を受けない限り生き延びる。

直感:C+
 戦闘時、常に自分にとって有利な展開を“感じ取る”能力。
 敵の攻撃を初見でもある程度は予見することができる。

魔力放出(炎):A-
 武器に魔力を帯びさせ、瞬間的に放出することによって能力を向上させる。
 セイバーの場合、宝具『黄金騎士・牙狼』を通じ、魔界の炎である「魔導火」を纏う事で成立する。

【宝具】
『黄金騎士・牙狼(フェンサー・オブ・ゴールド)』
ランク:B++ 種別:対人宝具 レンジ:- 最大捕捉:1人
最高位の魔戒騎士に与えられる称号が宝具と化したもの。剣で空中に円を描くことで異空間に保管されている黄金の鎧を召喚し、身に纏う。
常人が触れれば皮膚が裂け、軽微なものならばホラーの攻撃をも受け付けずに浄化してしまう程の防御力を誇り、装着者にCランク相当の対魔力スキルを付与する他、武器である魔戒剣をBランク宝具相当の攻撃力を持つ幅広の両刃剣「牙狼剣」に変化させる。
また、魔界の炎である「魔導火」を纏うことで攻撃力と防御力を高める「烈火炎装」の発動が可能。
現世での鎧装着には99.9秒の制限時間が設けられており、それを超えると“心滅獣身”と呼ばれる暴走状態に陥ってしまい、攻撃力は著しく上昇するが正気を失い獣の如く暴れ回る。
この状態が長引くと精神が完全に鎧に「喰われ」、永久に理性を喪失してしまう。
万一この状態に陥ってしまった場合、鎧の腰にある紋章を強く突く事で解除可能。
令呪による強制解除もできるが、マスターの魔力を著しく消費してしまう。
他の宝具は鎧を纏っている間のみ使用可能。

『天轟かす黄金の駿馬(ゴウテン)』
ランク:A 種別:対軍宝具 レンジ:1^40 最大捕捉:500人
100体のホラーを討滅し、己の「内なる影」に打ち勝った時召喚を許される、真紅のたてがみを持つ黄金の魔導馬。
高速で水面を走ったりバック走したりといった離れ業の他、その蹄音は主の武器を強化する能力を持つ。
その力が発動すると、牙狼剣はAランク宝具級の攻撃力を持った大剣「牙狼斬馬剣」に変化する。

【Weapon】
魔戒剣:赤い鞘に収まった鍔無しの長剣。ソウルメタル製のため、基本的に修行を積んでいない一般人には持ち上げることさえ不可能。
鎧を召喚した際、牙狼剣へと変化する。

魔導輪・ザルバ:ソウルメタルの指輪にホラーを封じ込めて作られた、髑髏のようなデザインをした黄金騎士専用の意志を持つ魔導具。
優れた気配察知・探知能力とホラーに関する豊富な知識でレオンを支える相棒的存在。

魔法衣:魔戒騎士や魔戒法師の纏う衣服。特殊な加護が施されており、物理・魔力などあらゆるダメージをある程度軽減する。
裏地は異空間に通じており、魔戒剣などを収納するスペースがある。

魔導ベル:魔戒法師・ガエルが開発したホラー探知の魔導具。
ホラーに憑依された人間の前に翳して鳴らすと瞳が赤く染まり、魔導文字が浮かび上がる。

【解説】
「牙狼〈GARO〉-炎の刻印-」の主人公、レオンの四年後の姿。
黄金騎士・牙狼の称号を受け継ぐ若き魔戒騎士。少年から青年に成長しており、守りし者としての自覚は更に高まっている。
4年間で相当数の死線を潜り抜けてきたのか、黄金騎士としての風格も感じられるようになった。
少なくとも、魔導馬を召喚できることからホラーを百体以上討滅し、内なる影との試練に打ち勝ったと思われる。


29-687

【元ネタ】牙狼〈GARO〉-炎の刻印-、牙狼<GARO>-DIVINE FLAME-
【CLASS】セイバー
【マスター】
【真名】レオン・ルイス
【性別】男
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力B+ 耐久B 敏捷B 魔力D++ 幸運C+++ 宝具A
【クラス別スキル】
対魔力:D
一工程(シングルアクション)による魔術行使を無効化する。
魔力避けのアミュレット程度の対魔力。

騎乗:A
騎乗の才能。大抵の獣や乗り物ならば人並み以上に乗りこなせるが、
幻獣・神獣ランクの獣は乗りこなせない

【固有スキル】
魔戒騎士:B+
人に仇なす魔物「ホラー」を狩る魔戒騎士としての能力を表すスキル。
使い手の心、魂の在り様によって重量を変化させる特殊金属「ソウルメタル」で作られた武具や魔導具を操る能力などを示す。
並外れた覚悟や勇気を持っていれば、一般人でもある程度ソウルメタルを扱うことは可能だが、完全に操るには魔戒騎士としての修練が不可欠。
「混沌」「悪」の属性を持つサーヴァントと対峙した際、ランクに応じて有利な補正がかかる。

守護騎士:A
他者を守る時、一時的に防御力を上昇させる。
一時期は復讐の為に剣を振るっていたが、ある出来事をきっかけに「守りし者」の使命を自覚するようになる。
そして、数多の戦いを経て「守りし者」たる魔戒騎士の最高位「黄金騎士・牙狼」の称号に相応しい騎士となった。

戦闘続行:C
瀕死の傷でも戦闘を可能とし、死の間際まで戦うことを止めない。

直感:C+
戦闘時、常に自分にとって有利な展開を“感じ取る”能力。
敵の攻撃を初見でもある程度は予見することができる。

勇猛:C
威圧・混乱・幻惑といった精神干渉を無効化する能力。
また、格闘ダメージを向上させる効果もある。

心眼(真):B
修行・鍛錬によって培った洞察力。
窮地において自身の状況と敵の能力を冷静に把握し、その場で残された活路を導き出す“戦闘論理”
逆転の可能性が1%でもあるのなら、その作戦を実行に移せるチャンスを手繰り寄せられる。

魔力放出(炎):A-
武器に魔力を帯びさせ、瞬間的に放出することによって能力を向上させる。
セイバーの場合、宝具『受け継がれし金狼の鎧』を媒介に、魔界の炎である「魔導火」を呼び起こし纏う事で成立する。

【宝具】
『受け継がれし金狼の鎧(アーマー・オブ・ガロ)』
ランク:A 種別:対人宝具 レンジ:- 最大捕捉:1人
最高位の魔戒騎士に与えられる称号が宝具と化したもの。「ガロ」とは旧魔界語で「希望」を意味する。
剣で空中に円を描くことで異空間に保管されている黄金の鎧を召喚し、身に纏う。
魔性の存在に対して特攻・特防効果を有し、魔の属性を持つ相手に対して与えるダメージを増加させ、受けるダメージを軽減させる。
常人が触れれば皮膚が裂け、軽微なものならばホラーの攻撃をも受け付けずに浄化してしまう程の防御力を誇る。
装着者たるセイバーにBランク相当の対魔力スキルを付与し、「耐久」を1ランク上げる。
また、武器である魔戒剣は幅広の両刃剣「牙狼剣」に変わり、攻撃力も大幅に上昇する。
魔界の炎である「魔導火」を纏うことで、攻撃力と防御力を底上げする「烈火炎装」を発動することも可能。
魔界における鎧の装着に制限はないが、現世では99.9秒の制限時間が設けられており、それを超えると“心滅獣身”と呼ばれる暴走状態に陥ってしまう。
その際「筋力」「耐久」「敏捷」のパラメータが1ランク上がり、攻撃力は劇的に向上するが正気を失い獣の如く暴れ回る。いわば「狂化」状態である。
この状態が長引くと精神が鎧に「喰われ」、完全に理性を喪失してしまう。その場合、クラスはバーサーカーに変更される。
万一この状態に陥ってしまった場合、鎧の腰にある紋章を強く突く事で解除可能。
令呪による強制解除も可能だが、マスターは大量の魔力消費を強いられる。

【Weapon】
『朱鞘の魔戒剣』
赤い鞘に収まった鍔無しの長剣。黄金騎士の証でもあり、柄にはガロの象徴である三角形の紋章が刻まれている。
ソウルメタル製のため、基本的に修行を積んでいない一般人には持ち上げることさえ不可能。
鎧を召喚した際、牙狼剣に変化する。

『魔導輪・ザルバ』
ソウルメタルの指輪にホラーを封じ込めて作られた、髑髏のようなデザインの意志を持つ魔導具。
遥かな古から黄金騎士ガロの称号を持つ魔戒騎士を支えてきた相棒的存在で、黄金騎士以外には契約できない。
優れた気配察知・探知能力とホラーに関する豊富な知識でレオンを支える。

『魔法衣』
魔戒騎士や魔戒法師の纏う衣服。特殊な加護が施されており、物理・魔術などあらゆるダメージをある程度軽減する。
魔戒騎士が纏う魔法衣の裏地は異空間に通じており、魔戒剣などを収納するスペースがある。
セイバーはこれによりDランク相当の対魔力スキルを得ている。

『魔導ベル』
魔戒法師・ガエルが開発したホラー探知の為の魔導具。
ホラーに憑依された人間の前に翳して鳴らすと瞳が赤く染まり、魔導文字が浮かび上がる。

【解説】
「牙狼〈GARO〉-炎の刻印-」及び劇場版「牙狼<GARO>-DIVINE FLAME-」の主人公。

黄金騎士ガロの称号を受け継ぐ若き魔戒騎士。「DIVINE FLAME」の時代、即ち「炎の刻印」から4年経った姿で現界。

闇に堕ち、ヴァリアンテ王国を乗っ取った元魔戒法師のヴァリアンテ宰相・メンドーサが企てた魔女狩りで火刑に処された魔戒法師アンナを母に持ち、絶影騎士ゾロの称号を持つ魔戒騎士ヘルマンを父に持つ。
当初はメンドーサへの復讐のためだけに剣を振るっていたが、それが原因でメンドーサの術にかかり心滅獣身に陥ってヴァリアンテの城下町に大火災を巻き起こし、多くの人々を犠牲にして黄金騎士の資格を剥奪されてしまう。
生きる意味を失った彼は失意のうちに彷徨う果てに投身自殺を図るが、川辺に流れ着いたところを農村の少女ララに救われる。
彼女や彼女の家族のもとで農民として生活する中で、自身が守るべきものすら持たず、復讐心に囚われ続け周囲を何も見ていなかったことを実感した。
「炎の刻印」第17話にて、ホラー・グランドマグスの襲撃によりララとその家族を失う。自身の無力に苛まれる中、再び内なる憎悪に心を蝕まれかけるも克服。
大切なものを守る力を得るため、黄金騎士の資格を得たアルフォンソに鎧の返還を願う。
アルフォンソは彼の覚悟を確かめるため、レオンと剣を交えることに。
その戦いの中でも再び内なる憎悪がレオンに囁きかけるも、彼は耳を貸さずこれを断ち切り、黄金騎士の資格を取り戻した。
人々の命と想いを『明日へと繋ぐ』使命の下に戦い続けており、かつての自分のような過ちを繰り返させまいと異母弟ロベルトの育成に努めている。

  • 最終更新:2017-08-04 12:27:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード