リミテッド・ゼロオーバー

【出典】fate/grand order
【クラス】セイバー
【真名】千子村正
【性別】男性
【属性】混沌・善

【ステータス】筋力B 耐久B 敏捷D 魔力B 幸運D 宝具A

【クラス別スキル】
対魔力:B
 魔術発動における詠唱が三節以下のものを無効化する。
 大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、傷つけるのは難しい。

騎乗:C
 騎乗の才能。大抵の乗り物、動物なら人並み以上に乗りこなせるが、 野獣ランクの獣は乗りこなせない。

【固有スキル】
刀鑑定:A
 刀への執着心。古今東西、歴史・伝承における刀に類する武具を目にした場合、ほぼ確実に真名を看破することができる。

刀鍛冶:A+
 魔力を帯びた妖刀を作成できる。
 十分な時間と素材さえあれば、宝具級の刀を作り上げることすら可能。
 ただし、作成される宝具のランクは現代の神秘の薄さと、現代で手に入る材料に左右される。

魔術:C-
 オーソドックスな魔術を習得。
 得意なカテゴリは不明。

心眼(真):B
 修行・鍛錬によって培った洞察力。
 窮地において自身の状況と敵の能力を冷静に把握し、その場で残された活路を導き出す“戦闘論理”
 逆転の可能性が1%でもあるのなら、その作戦を実行に移せるチャンスを手繰り寄せられる。

【宝具】
『無限の造刀(アンリミテッド・ソード・クラフト)』
ランク:E~A 種別:???? レンジ:??? 最大捕捉:???
 セイバーが可能とする心象風景を具現化し、現実を侵食する固有結界と呼ばれる大禁呪。
 視認した武器を刀に鍛えなおし、固有結界内に貯蔵する。

『至高の一刀(リミテッド・ゼロオーバー)』
ランク:A 種別:??? レンジ:1 最大捕捉:1人
 自身がその手で鍛った太刀に固有結界内の全ての刀の特性を追加する。
 千子村正の至高の刀を鍛える執念が宝具化したもの。
 ありとあらゆる英雄の業を写し、人を斬り、魔を斬り、神を斬り、この世の理さえも斬り裂く剣撃の極致。
 発動後媒介となった刀は折れるため、また、鍛えなければならない。

【Weapon】
『無銘・刀』
 鍛冶師である千子村正の技量を受け継いだセイバーの渾身の作。
 銘が刻まれていないのは、 至高の刀の成功例以外は習作に過ぎないため銘を刻む意味がないことと、刀が至高の刃となったときに改めて銘を刻むため。

【解説】
 特異点に流れ着き、死にかけていた士郎と村正が取引をし、衛宮士郎の空っぽの器の中に、刀鍛冶である千子村正の業を詰め込み一体化したデミ・サーヴァント。

 人格のベースは7:3で衛宮士郎だが、村正の刀に対する狂信的な思考は受け継がれておりしばしば暴走する。

 村正との融合の結果、刀を投影するときの魔力消費等は劇的に改善されたが、防具や弓、剣の魔改造などはできなくなった。
 よって、アーチャー適正は消滅した。

 容姿はまんま、fate/grand orderの概念礼装『リミッテド/ゼロオーバー』の姿。

  • 最終更新:2017-06-04 13:11:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード