ミュソン

【元ネタ】史実
【CLASS】なし
【マスター】
【真名】ミュソン
【性別】男性
【身長・体重】154cm・55kg
【属性】秩序・中庸
【ステータス】筋力D 耐久E 敏捷D 魔力E 幸運D 宝具E
【クラス別スキル】
なし

【固有スキル】
透化:C
 精神面への干渉を無効化する精神防御。

貧者の見識:A+
 相手の性格・属性を見抜く眼力。
 言葉による弁明、欺瞞に騙されない。
 もはや悟りの域にある朴訥さ、無駄を削ぎ落したミュソンの在り方そのもの。

【宝具】
『迷惑だ。(グローリー・フロム・プロタゴラス)』
ランク:E 種別:対人宝具 レンジ:- 最大捕捉:一人
 ミュソンの哲学を示す宝具。
 このサーヴァントは如何なる強制力による召喚にも応じず、
 代わりにクラス枠を一つ空白で埋める。

【Weapon】
『農具』

【解説】
 プラトンがペリアンドロスの代わりに七賢人に選んだ男、
 ケナイの、あるいはケンのミュソン。
 情報の少ない人物で、彼が世に知られなかったのは都市ではなく辺境の村暮らしだからだった。
 ケナイ(ケン)はオイテかラコニアかクレタにあるとされ、つまりどこだかよくわからない。
 父は僭主であったが、彼は知られる限りにおいて一介の農夫だった。
 アナカルシスが神託で「汝より賢い」といわれたミュソンに会いに行ったところ、
 彼は季節外れにも鋤の刃に柄を合わせており、
 それを指摘したアナカルシスに「これは準備である」と答えたという。
 また誰もいないところで、「誰もいないから」という理由で笑っていたという、
 相当の人嫌い、変人でもあった。

  • 最終更新:2016-11-08 20:50:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード