マーハウス(子)

【元ネタ】アーサー王伝説
【CLASS】セイバー
【マスター】
【真名】マーハウス(子)
【性別】男性
【身長・体重】180cm・81kg
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力B 耐久C 敏捷C 魔力D 幸運D 宝具C
【クラス別スキル】
対魔力:B
 魔術発動における詠唱が三節以下のものを無効化する。
 大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、傷つけるのは難しい。

騎乗:C
 騎乗の才能。大抵の乗り物、動物なら人並み以上に乗りこなせるが、
 野獣ランクの獣は乗りこなせない。

【固有スキル】
水棲:C
 水の抵抗を受けずに活動できる。
 水中・水上にいる間、任意の能力値二つが一ランク向上する。

天性の肉体:D
 度外れて頑強な頭蓋骨。
 頭部へのダメージを軽減し、また命中時に攻撃側の武器破損判定を発生させる。

【宝具】
『冷鉄の焔(フスベルタ)』
ランク:C 種別:対人宝具 レンジ:1~3 最大捕捉:1人
 “優れて鋭利な”との意を持つ、剣身に幻炎を纏う名剣。
 対象が強化ないし弱体化の効果を持つ宝具・スキルの影響下にある時、
 幻炎はこれを焼き消し無効化する概念的な炎と化す。
 この剣でセイバーの父は最高潮の時刻にあったガウェイン卿に深手を負わせており、
 また後には五遺剣の一振りとなり十二勇士リナルドが用いたという。

【解説】
 円卓の騎士マーハウスの息子である、円卓の騎士マーハウス。
 その名の原型を辿れば『海の怪物』『海を割る男』を意味するというこの父子、
 名の綴りも訳表記も激しく揺れ動いており、実際には息子の出演する伊作品においては
 父子ともアモロルドの名で記されている。

 父を殺害したトリスタンを、しかし騎士の義務による堂々とした決闘の結果だったため憎まず、
 敬意を払い友人となった彼の手で騎士叙勲を受け、伯父の後を継ぎアイルランド王にもなった。
 妻ヴェルミーリァを通じイングランド、アキテーヌ、ゴールにも領地を持つ大領主となった彼は、
 アーサー王の円卓の騎士ともなったのである。友トリスタンがマーク王に殺害されてしまうと、
 リオネスのゴヴェルナルと共にコーンウォールを攻め、マーク王を捕らえるとこれを幽閉。
 トリスタンの墓を眺める位置にある幽閉場所にて、過食を強いられたマーク王は獄死し
 コーンウォールはマーハウス、ゴヴェルナル、ランスロット、モードレッドに分割された。

 北ウェールズのアロイス王と争い、代理騎士トリスタンとランスロットの決闘で決着させる所を
 イゾルデやアーサー王らの仲裁で和解した案件があったのだが、聖杯探求後にこれが再燃。
 合戦の中でマーハウスはアロイスを討つが、彼もまたランスロットに殺されてしまうのであった。

  • 最終更新:2015-12-15 22:47:44

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード