ヘベ

【元ネタ】ギリシャ神話
【CLASS】キャスター
【マスター】
【真名】ヘベ
【性別】女性
【身長・体重】155cm・44kg
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力 E 耐久 E 敏捷 C 魔力 EX 幸運 A+ 宝具 EX

【クラス別スキル】
陣地作成:A+
 魔術師にとって有利な陣地を形成できる。
 キャスターは神々を休息させる「楽園」を作成できるが、サーヴァント化に伴い「神殿」程度に劣化している。

道具作成:ー
 魔力を付与した道具を制作できる。
 キャスターについては、宝具の効果により失われている。

【固有スキル】
永遠の女神:EX
 「青春」を意味する名を持つ女神たる証の具現。
 毎ターン、キャスター及びその味方の人間、サーヴァント全てのHPを少量ずつ回復する。
 同ランクのスキル「神性」も兼ねる特殊スキル。

気配感知:A
 サーヴァントの気配を感知できる。
 近距離ならば、同ランクまでのスキル「気配遮断」を無効化できる。
 ギリシャの神々に奉仕するため、他人の反応に機敏に察知したキャスターの特技が反映したもの。

黄金律:A
 体の黄金比ではなく人生にどれだけ金銭がついて回るかの宿命を表したスキル。
 Aランクともなると一生金には困らない。
 キャスターは若き青年を守護する女神としても信仰されローマでは成人式に奉納する習慣があった。

【宝具】
『永遠栄華の晩餐会(ネクタル・アムブロシア)』
 ランク:EX 種別:対人宝具 レンジ:1 最大補足:1人
 かつてキャスターが神々に振る舞った食べた者を不老不死にする美酒と美食。
 食べた者はHPが完全に回復し、この世のありとあらゆる呪いを改呪する他、状態異常も回復する。
 また、食べた者は才能全てを開花し、その人生における全盛期の能力を引き出せる。
 サーヴァントについては魔力供給などの問題を一時的だがこの宝具が肩代わりし、ステータスの最大値(知名度補正も含む)を引き出させる。
 さらにサーヴァント化に伴い、劣化はしているものの不老不死の効果もあり、食べた者は心臓を破壊されるなどして絶命しても、蘇生できる。
 蘇生できる回数は食べた回数によるので、食べれば食べるほど蘇生のストックをためることができる(食事回数は1日最大3回)。

【解説】
 ギリシャ神話に登場する女神。ローマ神話ではユウェンタスと呼ばれ、英語ではユースと呼ばれる。
 その英語名の通り「若さ」「青春」を司る神であり、神々や英雄を不老不死にさせたり傷を治したりする食事を与えるメイドのような仕事をしている。
 
 主神ゼウスとその正妻ヘラとのあいだにできた4柱の1柱でもあり、子供のなかで両親に最も可愛がられたという。
 理由はカンタン。2人の間の子供のなかで唯一優秀な子だったから。
 ゼウスがあちこちで作ってる女の子供は優秀なのが多いのに自分が産んだのはアホばっかというヘラさんの最後の希望。それがヘベ。
 食べる神々の笑顔を見るのが好きと、神々の世界でも1,2を争うくらい忙しい仕事を喜んでやりつづける心まで女神な人。
 ギリシャ神話にしては珍しく人の無茶な願い(ギリシャ神話では人の領分を超えた願いや宣言は厳しく罰せられる)を聞き入れ、老兵を全盛期の英雄へと1日だけ若返らせて勝利へと導かせた、など人に対しても好意的。

 極めつけはヘラが最も憎んだアルクメネとゼウスの子供ヘラクレスと結婚したこと。
 ヘラクレスの12の試練の踏破ぶりに恋したということだが、このおかげで義理の息子になったヘラクレスを怒ることができなくなったヘラは神になることを認めるばかりか、ヘラクレスと和解するのである。
 嫉妬に狂った主神の妻を止めた唯一の女神。

 鯖としては、直接戦闘には魔術戦以外は役立たないが、非常に愛らしく誰に対しても敬語で接するバカ丁寧な美少女。
 基本的に社交的かつ受け身な性格で聞き上手。基本的にどんな人にでも合わせることができるがその優しさ故に譲れない信念がないわけではない。
 宝具以外でも料理に関しては某紅茶にすら引けを取らない腕前を誇る。
 ただメイドさん的立場なのに少々ドジっ子属性で掃除などの途中ですっころび、パンツ全開することもしばしば。
 神話では下半身丸出しする某to loveる展開をやらかしメイド係を一時的にクビになったこともあるほど。
 だが、昨今の深夜アニメとしてはむしろラッキースケベカムバックなので逆に有り難い。
 女神どころかお色気要員にもメインヒロインにもなれるポテンシャルを誇ることは間違いなく、エウリュアレとかステンノも出すならヘベもヘラクレスつながりで出してほしい。
 
 個人的にはCVはちゃんゆいこと、小倉ゆいさんにさせてみたい。

  • 最終更新:2016-03-02 15:39:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード