フーシャング

【元ネタ】王書、アヴェスター
【CLASS】アーチャー
【マスター】
【真名】フーシャング
【性別】男性
【身長・体重】186cm・90kg
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力B+ 耐久B 敏捷C 魔力B 幸運B 宝具EX
【クラス別スキル】
対魔力:A
 A以下の魔術は全てキャンセル。
 事実上、現代の魔術師ではアーチャーに傷をつけられない。

単独行動:C
 マスターからの魔力供給を断ってもしばらくは自立できる能力。
 ランクCならば、マスターを失ってから一日間現界可能。

【固有スキル】
カリスマ:B
 軍団を指揮する天性の才能。団体戦闘において、自軍の能力を向上させる。
 カリスマは稀有な才能で、一国の王としてはBランクで十分と言える。

文化英雄:B
 武ではなく智によって人類の生存に貢献した者の持つスキル。
 旱魃・疫病・虐殺などの効果を持つスキル・宝具に対する時、有利な補正を得る。

【宝具】
『昇華する聖祭の火礫(ジャシュネ・サデ)』
ランク:C++ 種別:対城宝具 レンジ:3~40 最大捕捉:1000人
 叙事詩シャー・ナーメに置ける拝火の原点。人の手による最初の火花。
 アーチャーが石礫を手に持って投擲すれば、着弾時の衝撃で石の核より火花が散り、
 これが瞬時に天に届くほどの大炎となり、人類の叡智を象徴するかの如く燃え盛る。
 尚、石礫単体の威力としても、竜種を退散させる程に強力である。
 
『王の栄光(アクワルタ・クワルナフ)』
ランク:EX 種別:対界宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:1000人
 聖典アヴェスターに置ける王権の象徴。最初の大地の支配者の証。
 その正体は王権の概念が円環の形となった、神造の“継承型固有結界”である。
 真名を解放することによって光の環が拡大、結界を展開し、その地を“アーチャーが支配する国”として
 世界に認めさせることで、知名度補正とは比較にならない程の「世界の支援」を受けることが出来る。
 その一端として、結界内で号令をかけることによって、かつてアーチャーが率いた
 悪魔討伐の『大地の軍勢』を召喚することが可能となる。

【weapon】
『大地の軍勢』
 妖精と鳥獣から成る大軍団。
 本来この軍団を宝具として再現出来るのは兵を招集した始祖王カユーマルスのみであるが、
 宝具『王の栄光』によりアーチャーも軍団再現を可能としている。

【解説】
イラン最大の叙事詩『王書』に登場する開化王。
ここでの世界最初の王はカユーマルスとなっており、フーシャングはその孫であり、
知性と教養を備えていた為、王の宰相を務めていた。
フーシャングの父は暗黒神アフリーマン(アンリマユ)の息子によって倒されており、
この仇討と世を正す大義の為に、カユーマルス王から妖精や猛獣の軍団を託され、
これを率いてフーシャングは美事に悪魔達を討伐し、父の仇を取ることに成功した。
その後カユーマルスが亡くなるとフーシャングは二代目王となり、鉱石から鉄を発見して治金を発明、
これによって灌漑・播種が進み、また家畜の活用をよくし、文化の世を開化した。
また、現実に存在する「サデの火祭」は、ここではフーシャングが始めたことになっている。
ある日、世を暗くする黒煙を吐く大蛇に遭遇したフーシャングは、これに向かって石を投げた。
世を燃え上がらせる大蛇はこの投石から逃げたが、石は大きな石に当たって両方とも割れた。
この時の衝撃で散った火花を見たフーシャングは、鉄で石を打てば火が現れることを知り、
これを神を贈り物だと感謝し、夜には山の様に火を燃やして祭り祝うようになったという。

フーシャングの前身は、ゾロアスター教の聖典アヴェスターに登場する
ベーシュダート朝の祖ハオシュヤンハ・パラザータである。
ここでのハオシュヤンハは恐らく人類最初の王であり、女神アナーヒターを祭ってその加護を得て、
ダエーワ(悪神)と邪悪な人々の3分の2を打ち滅ぼしたことになっている。
ハオシュヤンハは、最高神アフラ・マズダが創造した光輪を最初に得た人間であり、
光輪は長い期間に渡って彼に随伴したという。
叙事詩にしろ聖典にしろ、この英霊は1つの神話大系に置ける最古クラスの王にして
多くの悪魔を討伐した大英雄であると言えるだろう。


【コメント】
最高クラスの悪魔を倒し、その皮を剥いだというので対魔力は高め。
火宝具は石さえあれば何度でも発動が可能な上、その規模に反して魔力消費は低いという燃費の良さ。
一方でクワルナフは魔力消費がヤバい。性能は大体パクリ。
クワルナフは太陽船と同様、歴代の王複数人が所有する宝具ではあるが、
ハオシュヤンハが使用すれば特に強力な効果を発揮するという設定。
適正クラスは石投げたからアーチャーだが、拝火の始祖ってことでキャスターになれるかもしれない。

  • 最終更新:2016-01-23 23:05:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード