スカルマン

【元ネタ】スカルマン (石ノ森、島本版)
【CLASS】アヴェンジャー
【マスター】
【真名】神楽竜生(千里竜生)
【性別】男性
【身長・体重】174cm・
【属性】混沌・中庸
【ステータス】筋力A 耐久B 敏捷C 魔力A 幸運E 宝具A
【固有スキル】
超能力:A
アヴェンジャーが所持する能力。
精神介入や催眠なども難なくこなすことが可能。
【宝具】
『超気』
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:1~10 最大捕捉:1
アヴェンジャーが生まれながらにして得た力。
威力は、並みの超能力とは比にならないほど。
着火、電撃、催眠術など多種多様。
しかしアヴェンジャーもその力を全て制御できるわけではなく、使いすぎると暴走の可能性がある。
『千里邸の炎』
ランク:A 種別:対界宝具 レンジ:- 最大補足:-
アヴェンジャーが体験した千里虎月の屋敷の炎を写し出す。
炎はあらゆるものを焼き払う。
しかしこの炎はアヴェンジャーが起こした炎ではないためアヴェンジャー自身がその炎を操ることは出来ない。
アヴェンジャーが千里竜生と名乗るきっかけにもなった出来事が心象風景。
【Weapon】
『光線銃』
アヴェンジャーが殺害に用いた光線銃。
人以外の存在にも絶大な効果を発揮する。
【解説】
かつて自身の両親を殺害した存在に復讐を誓い、何人も殺害してきた殺人鬼。
彼は自身が持つ超能力と武器、そして自らの両親が開発した人工生物ガロを使用し多くの人を手にかける。
そしてついにその黒幕を突き止める。
しかし黒幕は自身の祖父であり、そしてその孫は自身の妹だった。
彼は悲痛な叫びをあげながら炎に焼かれる。
だが彼は再び立ち上がる。ある存在の野望を止めるために。

  • 最終更新:2016-03-23 13:37:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード