クレオブロス

【元ネタ】史実
【CLASS】アサシン
【マスター】
【真名】クレオブロス
【性別】男性
【身長・体重】192cm・86kg
【属性】中立・善
【ステータス】筋力A 耐久B 敏捷E 魔力B 幸運A 宝具B
【クラス別スキル】
気配遮断:A
 『姿を隠して行動するスキル。
  アサシンのクラスの基本能力らしいがとんと知らぬ。
  この身にできるは謎掛けぐらいよ。』

【固有スキル】
天性の肉体:B
 『ヘラクレスに多く、我輩に少ない。
  ヘラクレスに無く、我輩にある。
  まこと生きた肉体とはありがたいもの。』

陣地作成:D
 『古刹の荒廃は心苦しく、看過するのは外聞に触る。
  もったいないので直してしんぜる。
  はて、我輩は敬神を説いたのだったか?』

指南の心得:A
 『女子も男子と同様に育てるべし。
  不承不承より望んで学べ。
  ……とはいったもののクレオブリネ、お前も謎掛けに憑かれたか。』

【宝具】
『五里霧中の賢者の問い(アーケイック・リドル)』
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:- 最大捕捉:一人
 『考えど、考えど、深みに嵌る音がする。
  頭を巡らすこの公案、苦渋を味わってこそ箴言も身に沁みるもの。
  さて若人、老人の謎掛けに付き合っていただこう。』

【解説】
 ギリシャ七賢人の一人、リンドスの僭主クレオブロス。
 ヘラクレスの血統に連なるといわれ、優れた体力と美貌を持ち、エジプトの哲学に精通したという。
 女性への教育に先進的な態度を示し、またダナオスの建てたアテナ神殿を再建した。
 3000行に及ぶ謎掛けと詩を残したとされ、
 ミダスの墓の墓碑銘もホメロスではなくクレオブロスの作であると言われる。
 そもそもホメロスはミダス以前の人物なので、これは歴史的に正しい。

 クレオブロスの作とされるリドルに、以下の様なものがある。
 『父はひとり、息子は十二人、顔立ちの異なる娘をそれぞれ三十人の二倍づつ持つ。
  半分は白、残りは黒、みんな不死だけれどもみんな滅びる。』

 答えは『年』である。
 1人の父は一つの年、12人の息子は12の月、60人の娘は30日分の昼と夜を意味する。

 クレオブロスは70歳で死んだとされる。

  • 最終更新:2016-10-31 23:09:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード