エドモン・ダンテス 

【元ネタ】『モンテ・クリスト伯』
【CLASS】アヴェンジャー
【マスター】
【真名】エドモン・ダンテス
【性別】男性
【身長・体重】184cm・87kg
【属性】秩序・悪
【ステータス】筋力D 耐久C 敏捷B 魔力C 幸運E 宝具B
【クラス別スキル】
なし

【保有スキル】
黄金律:B
 身体の黄金比ではなく、人生において金銭がどれほどついて回るかの宿命。
 大富豪でもやっていける金ピカぶりだが、散財のし過ぎには注意が必要。

嵐の航海者:C
 船と認識されるものを駆る才能。
 集団のリーダーとしての能力も必要となるため、軍略、カリスマの効果も兼ね備えた特殊スキル。

専科百般:C
 多方面に発揮される天性の才能。目的を果たすための弛まぬ努力の結晶である。
 剣術、哲学、芸術審美、馬術、詐術、交渉、話術などの専業スキルについてDランク以上の習熟度を発揮できる。

魅了:E+
 異性を惹きつける見目の麗しさ。アヴェンジャーと対峙した異性は彼に対し、強い関心を抱く。
 所作の優雅な振る舞いや妖しい雰囲気がその効果を底上げし、同性であっても目を惹いてしまう。

【宝具】
『卑劣裁く代行者(ル・コントゥ・ドゥ・ラ・モンテ・クリスト)』
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:1~10 最大捕捉:3人
 己の欲望、保身の為に人を陥れる悪漢共により全てを奪われた男が育んできた復讐の執念。
 復讐を「悪事を見逃さない神罰の代行者としての行い」とした執念が宝具化したもの。
 アヴェンジャーが相手を憎んだ時に自動的に発動する。
 対象が消滅するまでアヴェンジャーのステータスに補正がかかり、憎む気持ちの度合いによって攻撃の威力を倍増する。
 恨む相手が増える毎に効果は重複されるが、4人目以降は効果発揮されない。
 対象との戦闘において、相手が不利な状況を仕切り直すための逃走を許さず、同ランク以下の逃走系スキルの効果を無効にする。
 それ以上のスキルや宝具効果であっても逃走を妨害し、追撃を加えるチャンスを得る。
 発動条件はあくまでアヴェンジャーが受けた行為をどう感じるかに左右されるため、客観的な公正さは関係ない。
 ただしアヴェンジャーがそれらの事情を知ったりなどして、報復するか悩み許した時点でその相手を対象にした宝具効果は消失する。
 自身の復讐を神罰の代行としているため、『神性』スキルが高いものほど効果の効き目が薄い。
 因果応報の復讐譚の再現。悪事を働いた者は、相応の代償を身を以て支払うこととなる。

『待て、しかして希望せよ(アタンドゥル・エ・エスペレ)』
ランク:D 種別:対人宝具 レンジ:1 最大捕捉:1人
 アヴェンジャーを慕う人々に残した別れの言葉にして、物語を締めくくる「最後の幻想(ラスト・ファンタズム)」。
 アヴェンジャーと対象の間に信頼関係が築かれていることを条件に発動する宝具。
 対象に、以下の効果を与える。
・対象の幸運値をAにする(既にAである場合は補正を加える)。
・自身の『黄金律』スキルを付与する。
・余剰魔力や周囲のマナを用いて令呪を1画与える。
・参加した聖杯戦争期間に限り、『卑劣裁く代行者』を与える。
 以降、対象はこれらの効果を自身のものとして扱うことができる。
 これらの効果を1つ選んで対象に与えるが、消滅する時点で『卑劣裁く代行者』で対象にしていた人数分与える数を加算できる。
 どんなに苦しみを受けようと、くじけずに耐え続けることで最後に希望を掴むことを説いた逸話の具現化。
 彼と苦楽を共にし、打ち解け合った者には脱落してなおアヴェンジャーの庇護を受けるだろう。 

【Weapon】
『ステッキ』
 仕込み刀となっており、ある程度の打ち合いでも十分に耐えるサーベルである。

【解説】
 アレクサンドル・デュマの書いた「モンテ・クリスト伯」の主人公。
 船員として働き、仲間からの信頼も厚い主人公エドモン・ダンテスが我欲に溺れた3人の男によって全てを奪われ、
 復讐者モンテ・クリストとして生まれ変わっていった復讐譚。
 復讐相手に容赦はないが、自分に親切にしてくれた相手には恩義を以て尽力する。
 ある人にとっては情けなき悪魔、ある人にとっては救いの神のような存在。しかしそんな彼も、復讐の果てに齎した結果に苦悩する普通の男でもあった。

【コメント】
 聖杯に託す願いは多分「自分の行動が、正当に評価され報いを受ける世界の構築」。
 善行には幸福を、悪行には神罰が下ることにより、人類皆が誠実になる優しい世界。
 その世界がディストピアになる可能性も秘めていることに、アヴェンジャーが気がついているのだろうか。
 そんな感じの妄想。

【元ネタ】Fate/GrandOrder、小説でわかる幕間の物語
【CLASS】アヴェンジャー
【マスター】
【真名】エドモン・ダンテス
【性別】男性
【身長・体重】185cm・75kg
【属性】秩序・悪・人
【ステータス】筋力 B 耐久 A+ 敏捷 A+ 魔力 B 幸運 EX 宝具 A
【クラス別スキル】
復讐者: A
復讐者として、人の恨みと怨念を一身に集める在り方がスキルとなったもの。
周囲からの敵意を向けられやすくなるが、向けられた負の感情は直ちにアヴェンジャーの力へと変化する。

忘却補正: A
人は多くを忘れる生き物だが、復讐者は決して忘れない。
忘却の彼方より襲い来るアヴェンジャーの攻撃はクリティカル効果を強化させる。

自己回復(魔力) :A
復讐が果たされるまでその魔力は延々と湧き続ける。

【保有スキル】
鋼鉄の決意 :EX
この世の地獄とさえ呼ばれた監獄シャトー・ディフ(イフの塔)から脱獄し、復讐の人生を歩んだ鋼の精神と行動力とがスキルとなったもの。
痛覚の完全遮断、超高速行動に耐えうる超人的な心身を有している。
複合スキルであり、同ランクの「勇猛」と「冷静沈着」スキルの効果も含まれる。

黄金律 :A
人生でどれだけ金銭に恵まれたかという、いわゆる財運。
Aクラスなら大富豪として一生金に困らず暮らすことが可能。
シャトー・ディフにてファリア神父から伝えられた「隠された財宝」を手に入れ、尽きぬ財と権力を得た岩窟王は、まず金に困ることがない。

窮地の智慧: EX
危機的な状況で幸運を呼び込む。ファリア神父から授かった多くの智慧と天性の知恵によるもの。エクストラクラスの特殊性が合わさることで、同ランクの「道具作成」スキルが使用可能となる。

嵐の航海者:B+
 船と認識されるものを駆る才能。
 集団のリーダーとしての能力も必要となるため、軍略、カリスマの効果も兼ね備えた特殊スキル。

専科百般: A
 多方面に発揮される天性の才能。目的を果たすための弛まぬ努力の結晶である。
 剣術、格闘術、心眼(真)、学術、哲学、芸術審美、馬術、詐術、交渉、話術指南の心得、などの専業スキルについて同ランク習熟度を発揮できる。

魅了:E+
 異性を惹きつける見目の麗しさ。アヴェンジャーと対峙した異性は彼に対し、強い関心を抱く。
 所作の優雅な振る舞いや妖しい雰囲気がその効果を底上げし、同性であっても目を惹いてしまう。

フィリア神拳: EX
フィリア神父から受け継いだ格闘技。
基本の型から3つの秘儀と最終奥義がある。
魔力でビームを出したり、クハハハハ!!と叫びながら高速で移動して分身を作り出すことができる。

【宝具】
『卑劣裁く代行者(ル・コントゥ・ドゥ・ラ・モンテ・クリスト)』
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:1~10 最大捕捉:3人
 己の欲望、保身の為に人を陥れる悪漢共により全てを奪われた男が育んできた復讐の執念。
 復讐を「悪事を見逃さない神罰の代行者としての行い」とした執念が宝具化したもの。
 アヴェンジャーが相手を憎んだ時に自動的に発動する。
 対象が消滅するまでアヴェンジャーのステータスに補正がかかり、憎む気持ちの度合いによって攻撃の威力を倍増する。
 恨む相手が増える毎に効果は重複されるが、4人目以降は効果発揮されない。
 対象との戦闘において、相手が不利な状況を仕切り直すための逃走を許さず、同ランク以下の逃走系スキルの効果を無効にする。
 それ以上のスキルや宝具効果であっても逃走を妨害し、追撃を加えるチャンスを得る。
 発動条件はあくまでアヴェンジャーが受けた行為をどう感じるかに左右されるため、客観的な公正さは関係ない。
 ただしアヴェンジャーがそれらの事情を知ったりなどして、報復するか悩み許した時点でその相手を対象にした宝具効果は消失する。
 因果応報の復讐譚の再現。悪事を働いた者は、相応の代償を身を以て支払うこととなる。

『待て、しかして希望せよ(アトンドリ・エ・エスぺリエ)』
ランク: B 種別:対人宝具 レンジ:1~50 最大捕捉:1人
 アヴェンジャーを慕う人々に残した別れの言葉にして、物語を締めくくる「最後の幻想(ラスト・ファンタズム)」。
悪逆と絶望と後悔に満ちた暗黒の中に在って眩く輝く、一条の希望。
人間の知恵は全てこの二つの言葉「待て、しかして希望せよ」に凝縮される。
まさかの回復宝具。自陣のうち一名を、瀕死(戦闘不能状態)からでも完全回復させる上に、全パラメーターを一時的にランクアップさせる。
 アヴェンジャーと対象の間に信頼関係が築かれていることを条件に発動する宝具。
 対象に、以下の効果を与える。
・対象の幸運値をAにする(既にAである場合は補正を加える)。
・自身の『黄金律』スキルを付与する。
・余剰魔力や周囲のマナを用いて令呪を1画与える。
・参加した聖杯戦争期間に限り、『卑劣裁く代行者』を与える。
 以降、対象はこれらの効果を自身のものとして扱うことができる。
 これらの効果を1つ選んで対象に与えるが、消滅する時点で『卑劣裁く代行者』で対象にしていた人数分与える数を加算できる。
 どんなに苦しみを受けようと、くじけずに耐え続けることで最後に希望を掴むことを説いた逸話の具現化。
 彼と苦楽を共にし、打ち解け合った者には脱落してなおアヴェンジャーの庇護を受けるだろう。 

『巌窟王(モンテ・クリスト・ミトロジー)』
ランク:C 種別:対人宝具 レンジ:─ 最大捕捉:1人
彼は復讐の化身である。基本7クラスの何れにも当てはまらず、エクストラクラス・アヴェンジャーとして現界した肉体は、その生きざまを昇華した宝具と化した。
強靭な肉体と魔力による攻撃。自らのステータスやクラスを隠蔽、偽の情報を見せることも可能。
常時発動型の宝具。真名解放の効果も存在し、溜め込んだ怨念が一気に周囲へと撒き散らされ、敵は疑心暗鬼に陥って同士打ちを始めることができる。

オガワハイムや監獄塔で自身の姿を漆黒の霞で覆って情報を隠蔽したのは、この宝具によるものである可能性が高い。
ほか、彼の攻撃方法のほとんどは魔力の放出による暗黒の炎を纏ったビームに傾倒しているが、それもこの宝具の為せる業だろう。

『虎よ、煌々と燃え盛れ(アンフェル・シャトー・ディフ)』
ランク: EX 種別:対人・対軍宝具
レンジ:1~20 最大捕捉:1~100人

我が往くは恩讐の彼方―――

ファリア神拳最終奥義『虎よ、煌々と燃え盛れ(ティーガー・ブリュレ・クレール)』がフィリア神父からエドモンに引き継いだ奥義。肉体はおろか、時間、空間という無形の牢獄さえをも巌窟王は脱する。
超高速思考を行い、それを無理矢理に肉体に反映することで、主観的には「時間停止」を行使しているにも等しい超高速行動を実現するのである。
本作に於いては、高速移動に伴う「分身」による同時複数攻撃といった形となる。

【解説】
復讐者、として世界最高の知名度を有する人物。
通称「巌窟王」、もしくは「モンテ・クリスト伯爵」として知られる。
悪辣な陰謀が導いた無実の罪によって地獄の如きイフの塔(シャトー・ディフ)に投獄され、しかして鋼の精神によって絶望せず、やがてモンテ・クリスト島の財宝を得てパリへと舞い降り──フランスに君臨する数々の有力者、すなわちかつて自分を陥れた人々を地獄へと引きずり落としたという。

その苛烈な生き様、正体を隠した復讐劇、踏みにじられ奪われた恋人メルセデスへの想いと愛執、そして苦悩と後悔から改心へと至る道程は、フランスのみならず世界中の人々に喝采され「世界で最も高名な復讐者」として記憶された。巌窟王の物語はアレクサンドル・デュマ・ペールによる創作とされるが、イフの塔に収監されたエドモンを導く「ファリア神父」の実在が現代では確認されており……。

真名こそエドモン・ダンテスだが、マルセイユの海の男であった「エドモン・ダンテス」と自分は別人であると彼は認識している。
なぜなら「エドモン・ダンテス」はパリに於ける凄絶な復讐劇の果てに悪性を捨てたが……サーヴァントとして現界した自分は「復讐鬼の偶像」で在り続けている。ならば自分はエドモンではない、と彼は言う。

我が名は巌窟王(モンテ・クリスト)。
愛を知らず、情を知らず、憎悪と復讐のみによって自らを煌々と燃え盛る怨念の黒炎と定め、すべてを灰燼に帰すまで荒ぶるアヴェンジャーに他ならない。
この世界に愛する寵姫エデはおらず、ならばこの身は永劫の復讐鬼で在り続けるまで──。

  • 最終更新:2017-12-20 18:30:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード