エサウ

【元ネタ】ユダヤ伝承
【CLASS】アーチャー
【マスター】間桐桜
【真名】エサウ
【性別】男
【身長・体重】195cm・92kg
【属性】混沌・悪
【ステータス】筋力A+ 耐久B+ 敏捷A+ 魔力A+ 幸運D+ 宝具A+
【クラス別スキル】
対魔力:A+(D)
 『アダムの衣』による魔術耐性。
 魔術では神布を纏ったアーチャーに傷をつけられない。

単独行動:C
 マスターからの魔力供給を断ってもしばらくは自立できる能力。
 ランクCならば、マスターを失ってから一日間現界可能。

【固有スキル】
魔力放出(水):A+(-)
 『アダムの衣』から放出される水性の神気と魔力。
 肉体を水の魔力によって強化・保護している。
 大気中の水分を操作することによって、乾燥による火災や、嵐を呼ぶことが可能。

怪力:A+(-)
 一時的に筋力を増幅させる。『アダムの衣』によって付与される特性の一つ。
 使用する事で筋力をワンランク向上させる。持続時間は“怪力”のランクによる。

千里眼:B
 視力の良さ。遠方の標的の捕捉、動体視力の向上。また、透視を可能とする。
 さらに高いランクでは、未来視さえ可能とする。

【宝具】
『神衣、地を制す(ゼブル・ヤム)』
ランク:A+ 種別:対人宝具 レンジ:- 最大補足:1人
 アダムの衣。かつて主なる神が楽園追放の際にアダムとエヴァに与えた衣服。
 海の神獣レヴィアタンの皮から作られた逸品であり、世界の終わりまで破壊されないという性質を持つ。
 身につけた者に多くの特性を与え、怪力・魔力放出スキルのほか、動物使役や全ステータスの一時強化、
 また海の神獣の権能である天候・気象操作をも可能とする。
 アーチャーはこの衣服を非常に好んでおり、他者に触れられることを極端に嫌っている。

『神弓、天を冒す(スプト・ナハル)』
ランク:B+ 種別:対軍宝具 レンジ:1-99 最大補足:400人
 海神特権の権能代行。大嵐を喚起し周囲を暗黒に包み込み、目標へと矢を放つ。
 放たれた矢は照準として機能し、着弾した周辺へと無数の雷を降らせ、一帯を蒸発させる。
 雷神の王権を簒奪する竜神の神話、神々の権能争いを再現する宝具である。

【Weapon】
『ニムロドの弓』
 涜神王ニムロドから『アダムの衣』を奪う際にともに得た強弓。

【特記事項】
 イサクの息子エサウ。弟のヤコブとは双子であり、長子権の争奪で弟を激しく憎んだ。
 生まれながらに毛皮(セアル)の如き赤い肌をしていたため、エサウと名付けられた。
 有能な狩人であり父から愛されたが、空腹のあまり弟のレンズ豆の煮物を欲して長子権を譲ると
 口約束をしてしまう。母リベカはエサウよりもヤコブを愛していたため、盲目の父イサクの祝福を
 ヤコブに与えるべく、ヤコブに毛皮を着せてエサウのふりをさせて、長子権の祝福はヤコブのものとなった。
 怒り狂ったエサウはヤコブを殺そうとするが、ヤコブは20年間伯父の元へと逃亡する。
 やがて帰還したヤコブはエサウを恐れるが、年月はその怒りを鎮めており、兄弟は喜びの再開を果たす。
 エサウは伝承においてニムロド王を殺害してアダムの衣服を奪い取ったとされており、
 さらにその衣を兄を装うべくヤコブが盗むことで神の祝福をも同時に盗みとったと言われている。

ヤコブ恐怖のお兄ちゃん。伝説によっては和解後弟に殴りかかって返り討ちにあって死ぬ。
ニムロドに襲いかかって首をはねアダムの服を奪うという狩人もといBANZOKUっぷりを見せるが、
知能が足りないのかヘタな口約束をして弟に出し抜かれてしまう。
毛皮っぽい皮膚とのことで、恐らく生まれながらの野人で腕っ節は立つけどアホなのであろう。
個人的には真アーチャーはニムロドっぽいのだが、ライダーがどうやっても思い浮かばぬ…

  • 最終更新:2017-01-07 22:21:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード