アリストテレス

【元ネタ】史実
【CLASS】キャスター
【マスター】
【真名】アリストテレス
【性別】男性
【身長・体重】182cm・74kg
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力D 耐久D 敏捷B 魔力A 幸運B 宝具A++
【クラス別スキル】
陣地作成:B
 学び舎を設立し、研究施設とする。
 プラトンに習って彼自身の学園であるリュケイオンを立ち上げ、
 逍遥学派を生んだ。
 施設内では思考の高速化の恩恵が与えられる。

道具作成:A-
 魔力を帯びた器具を作成できる。
 科学的知識に富み、
 どちらかと言えば薬学・医学系の道具作成に特化している。

【固有スキル】
自然観察:A
 自然界を観察し、理解する技術。
 事物に対する知識、見識も重要だが、それ以上に未知に対する好奇心が必要となる。
 彼の場合、自然界では特に動物に関する興味が強い。

高速思考:EX
 超スピードで成される論理的思考による事象理解。
 人類が遭遇したことのない全く未知の存在や出来事であっても、
 観察した情報と膨大な思索からその本質を掴むことが可能。
 一般意味論を超えて複雑系を捉えるターム・ロジックという、意味不明な超人的思考を表す。

原初の一:E
 最高善(スムム・ボヌム)という名の不可能、後に“第六”と呼ばれるそれに挑戦し、
 敗北した副産物であるスキル。
 星から最低限の魔力と情報を汲み上げられる。

医術:B
 父の手解きを受けた医者の息子である。
 自然研究を経たその医学的知見は、すでに素人や手慰みのレベルではない。

【宝具】
『彼こそは無謬の哲学者(イプセ・ディクシト)』
ランク:EX 種別:対衆宝具 レンジ:0 最大捕捉:1000人
 アリストテレスの誤謬が、彼の偉大さのために中世の知性を束縛した逸話の具現。
 彼の誤認や推論不足はキャスター関係者全員に共有され、
 一度でも関わりのあった人物は
 キャスターより正しい認識や彼以上の推論を禁じられる思考制限状態に陥る。
 この束縛を破るには、大哲学者アリストテレスの威名に屈しない無知や反骨精神と、
 高く客観的な知性による束縛の認識の両方を必要とし、意志セービングスローとLCK(幸運)による判定に
 同時に成功しなければならない。なお、この宝具はキャスター自身に対してすら通常秘匿されている。

『聖哲の頂(アリストテーレース)』
ランク:A++ 種別:対人宝具 レンジ:- 最大捕捉:一人
 人類の知の頂点に数えられる大哲学者の威名。
 人類知の産物であるならば、一目でその全てを把握し、自らの宝具としての属性を与えることができる。
 宝具属性の付与はこの宝具の含有する神秘と属性を対象に分け与える形で行われるため、
 使用する度に威名のランクは下がる。
 これは他人の宝具や、人ならざる製作者を持つモノに対しては行えない。

【Weapon】
『ニコマコス倫理学』
 ラファエロの描画とキャスター自身の意向により持ち込まれた本。
 教本、重し、あるいは鈍器として使われる。

【解説】
 史上最高の哲学者。
 師であるプラトンと教え子であるアレクサンドロス3世ととともに
 最も人類史に影響を与えた人物の座を争う。
 アカデメイアでプラトンに学び、
 プラトンの死後はアタルネウスの僭主のもとで、後にはレスボス島に移って生物学の研究を重ねた。
 フィリッポス2世に王子アレクサンドロスの家庭教師としてマケドニアに招かれ、
 フィリッポスの死後はマケドニアに征服されたアテネに戻り
 自らの学園となるリュケイオンを開く。
 アレクサンドロスが東征の途上で倒れると「アテナイ人が同じ過ちを繰り返さないよう」カルキスに逃げ、
 その翌年に没した。
 小都市スタゲイロスに生まれ育って以後各地を転々とした。
 万学の祖と呼ばれるのは伊達ではなく、
 論理学、自然学、生物学、倫理学、政治学といった各方面に多大な功績を残したが、
 その偉大さの影の側面も指摘される。
 近代の発展とは、"いかにアリストテレスを乗り越えるか"というものだったとも言われる。
 ただ、アカデメイアの学風に反して数学の才能はなかったようである。
 形而上学においてはイスラム教神学や
 トマス・アクィナス以後のキリスト教哲学思想に絶大な影響を与えた。
 なんというか、学者らしい学者の最初の人な気がする。

 原初の一は入れなきゃいけない気がした。
 イプセ・ディクシト以外の宝具が思いつかなかったので聖哲がかなり苦しい出来。
 毒薬でも宝具化すべきだったか。


【元ネタ】史実
【CLASS】キャスター
【マスター】
【真名】アリストテレス
【性別】男性
【身長・体重】180cm・68kg
【属性】中立・中庸
【ステータス】筋力E 耐久D 敏捷D 魔力A 幸運A 宝具A
【クラス別スキル】
陣地作成:A
 魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。
 “神殿”に相当する“大学園”の形成が可能。

道具作成:B
 魔力を帯びた器具を作成できる。
 学問で身を立てる前は薬師で生計を立てようとしたが上手くいかなかったとか。

【固有スキル】
星の開拓者:EX
 人類史においてターニングポイントになった英雄に与えられる特殊スキル。
 あらゆる難航、難行が“不可能なまま”“実現可能な出来事”になる。
『学問の体系化』を初めて成し遂げたと言われ、その研究の幅広さから後世のあらゆる学術に影響を及ぼしたアリストテレスは、
 星の開拓に分類される偉業『学問の成り立ち』に大きく寄与した英霊と言えよう。

万学の祖:EX
 召喚時にもたらされる知識の範囲を拡大するユニークスキル。
 召喚された時代に置いて、直接的・間接的にアリストテレスの影響を受けている学術が存在する場合、
 それら全てを習得した状態で現界する。

高速神言:A
 エレウシスの秘儀。
 呪文・魔術回路との接続をせずとも魔術を発動させられる。

【宝具】
『さらば暴君、我が弟子よ(ト・テロス)』
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:1~30 最大捕捉:1人
 イスカンダルに死をもたらした致死の熱毒が詰まった小瓶。
 開封することで熱毒は蜂の形状を取り、開封者の使い魔となる。
 対象者を刺した場合はもちろん、何らかの手段で迎撃された場合も霧散し、対象者に毒気を吸い込ませる。
 征服王イスカンダルの死因は判然としておらず、
 蜂の毒針、熱病(マラリア)、アリストテレスが調合した毒薬による毒殺、など多様な説がある。

『ひらけ学園、我が心象(リュケイオン・ペリパトス)』
ランク:A 種別:対人宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:1000人
 アリストテレスが持つ固有結界。師プラトンに「学校の精神」と評された彼の心象風景が具現化したもの。
 この空間内に置いて、アリストテレス以外の全ての知性体は彼の生徒となり、
 アリストテレスの言葉は生徒たちの精神に浸透する暗示魔術として機能するようになる。
 本来の用途は学術の授与だが、応用法として説得攻勢(洗脳とも言う)にも使用可能。
 これに対抗するには、絶対者に歯向かう自我の強さか、アリストテレスの弁論術を上回る弁舌が必要となる。

【解説】
 古代ギリシアの哲学者。西洋最大の哲学者の一人であり、多岐にわたる研究から万学の祖とも呼ばれる。

 18歳頃にアカデメイアの門を叩き、プラトンに師事する。
 師のプラトンが亡くなるのに前後してアカデメイアを去った後は、
 後に征服王イスカンダルとなる少年王子の家庭教師を務めた。
 イスカンダルはアリストテレスを師と仰ぎ、、王となった後はアリストテレスのパトロンとなるが、
 その思想はほとんど相いれぬものだったという。

 アリストテレスは小規模な都市国家を理想とし
 ペルシアをはじめとする非ギリシャ文化を侮蔑していたが
(バルバロイ、すなわち非ギリシャ人は動物もしくは植物として取り扱え、などという手紙も送っている)
 イスカンダルはギリシャ統一を皮切りとした領土拡張、東西文化の融合を図っていたためである。

 一方でイスカンダルが東征に赴いた後も手紙を通して師弟の交流は続いており、
 アリストテレスが本を出版した際には、自ら学んだ事が広く世に知られることに不満を述べるなど、
 彼らの師弟関係は空疎なものではなかったようである。

 ともあれ、イスカンダルの権力を背景にアテナイ郊外に学園リュケイオンを開設したアリストテレスは
 逍遥学派(ペリパトス学派)と呼ばれるグループを率いて多方面に研究を進めた。

 しかしイスカンダルが東征から帰還した後に死没すると反マケドニア運動が活発化。
 イスカンダルをパトロンとしていたアリストテレスもマケドニア派と見られて迫害を受けたため、
 カルキスの地に逃れた。

 紀元前322年、62歳で死去。病に倒れたとも、毒人参を呷ったとも伝わる。
 彼の学績の影響は遥か後世にまで及び、その名は伝説となった。
 
【蛇足】
 藤ねえを見たイスカンダルがアリストテレスを思い出しているそうな。
 だいぶ愉快な人っぽいが、根本的な思想がイスカンダルとは相容れないんだよなぁ。

  • 最終更新:2017-10-28 23:23:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード