アラバスター

【元ネタ】アラバスター
【CLASS】アヴェンジャー
【マスター】
【真名】アラバスター
【性別】男性
【身長・体重】188cm・92kg
【属性】混沌・悪
【ステータス】筋力D 耐久C 敏捷C 魔力E 幸運D 宝具E-
【クラス別スキル】
単独行動:B
 マスターからの魔力供給を断ってもしばらくは自立できる能力。
 ランクBならば、マスターを失っても二日間現界可能。

【固有スキル】
異形:D
 身体の表面付近が透明化しており、
 血管や皮下組織、所により骨や臓器までが丸見えになっている。

精神汚染:B
 精神が錯乱している為、他の精神干渉系魔術をある程度シャットアウトする。
 ただし同ランクの精神汚染が無い人物とは意思疎通が成立しない。

迎撃指弾:B
 アヴェンジャー独自の技術により発展した指弾術。
 動いている標的に対し、その敏捷値を上乗せした威力を発揮する。

【宝具】
『悍ましき絶佳の光(きれいはきたない、きたないはきれい)』
ランク:E- 種別:対人宝具 レンジ:1~20 最大捕捉:1人
 生物を透明化させる光を発する銃。
 この銃による透明化には激痛を伴い、また身体の大部分を後天的に透明化させられると
 生体機能が正常に働かなくなり程無くして死に至ってしまう。
 この宝具は然るべき設備を用意する事で量産できる。

【解説】
 手塚治虫『アラバスター』の主要人物。本名ジェームズ・ブロック。
 ウィスコンシン州出身の黒人スポーツ選手で、六つの金メダルを獲得したヒーローだったが
 惚れ込み結婚を考えてもいた女性スーザン・ロスにこっぴどくフラれた上に裏切られた事から
 世の中の美しいものを憎むようになった。彼は収監中に出会った老人から透明化銃を譲られ、
 老人の孫娘であり目を除く全身が透明化してしまっている亜美を仲間に引き込み女王に据え、
 世界を醜いもので満たしいずれは美醜の価値観が完全に引っ繰り返るように、と活動を始める。

 最終的には、捻くれ曲がった性根から来る独善、所詮は外見の美醜しか理解できなかった事、
 そのくせ全てを自分に都合よく語っていた欺瞞を喝破され、落とした透明化銃の光を受けて
 全身を透明化され死亡した。

  • 最終更新:2015-12-02 18:01:21

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード