アラガミ(概念英雄)

【元ネタ】GOD EATER
【CLASS】バーサーカー
【マスター】
【真名】アラガミ(概念英雄)
【性別】?
【身長・体重】
【属性】秩序・狂
【ステータス】筋力E 耐久A 敏捷A 魔力C 幸運D 宝具B
【クラス別スキル】
 狂化:B
 全パラメーターを1ランクアップさせるが、理性の大半を奪われる。
 また、自身の「食欲」を制御することができなくなる。

【固有スキル】
 生命集合体:A
 非常に細かな生命(オラクル細胞)の塊。物理攻撃に非常に強い。また、自己再生能力を持つ。
 本来は英霊には細胞も何もないが、バーサーカーだけは例外。

 暴食:‐
 あらゆる物を喰らい尽くすバーサーカーの本能。
 有機・無機物に関わらず「喰い」、自身の魔力に加算することができる。
 腹が減っていると家を食われたり、勝手に魂喰い(物理)したりするため目が離せない。

【宝具】
 『命喰らいの神託(オラクル)』
 ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:1 最大捕捉:1人
 この宝具を発動した瞬間、バーサーカーはマスターの制御から外れる。
 そしてこの宝具の効果時間中、バーサーカーのスキルに「対魔力:A+」を追加する。
 あらゆるエネルギーを喰らい尽くすバーサーカーの「食欲」を具現化した宝具。
 ただし、発動中はマスターの魔力も見境無く食い尽くすため、余程の魔力量でないとすぐに魔力が切れる。

【Weapon】
 『オラクル細胞』
 未来を喰らうアラガミ達の力を使用することができる。
 1度につき1種類しか使えず、燃費も悪いが、体を硬質化、高熱・雷撃・極寒を作り出すなど、用途は様々。

【解説】
ゲーム「GOD EATER」に登場する謎の生命体、「アラガミ」。
本作の舞台となる時代の約50年前に地球上に突如出現し、その後爆発的に増殖。
現代兵器の尽くを無効化するアラガミに、ヒトは成す術なく蹂躙されることとなる・・・

その正体は、自己増殖・自己進化する「オラクル細胞」と呼ばれる特殊な細胞の集まり。
オラクル細胞は、あらゆる環境に適応、あらゆるものを取り込み、その特性を獲得する。
その結果、高熱や電撃を発するアラガミは勿論、驚くべきことに体内でミサイルを生成、発射するアラガミまで居る。
ネタバレになるので「オラクル細胞」の正体については割合。いまさらな気もするが。

【感想】
宝具で対魔力を得るため、キャスターとの相性は絶望的。
かと言って物理攻撃で叩こうにもなかなか効き目がないというはぐれメタル的な鯖に。
自己再生vs病原菌でSFライダーとの一騎打ちが見たいです。

  • 最終更新:2018-02-14 07:18:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード