―――(鄅の君主)

【元ネタ】史実
【CLASS】アサシン
【マスター】
【真名】―――(鄅の君主)
【性別】男性
【身長・体重】164cm・59kg
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力E 耐久E 敏捷E 魔力D 幸運D 宝具D
【クラス別スキル】
気配遮断:C
 サーヴァントとしての気配を断つ。隠密行動に適している。
 完全に気配を断てば発見する事は難しい。

【固有スキル】
虚ろなる生者の嘆き:D
 国を唐突に失った君主の絶望を内包した声。
 敵味方を問わず不快感を与える。

【宝具】
『亡国の君は何を思う(ヨー・メイヨー・ディファン)』
ランク:E 種別:対人(自身)宝具 レンジ:- 最大捕捉:1人
 国を滅ぼされながら、滅ぼした隣国にノコノコ入国する図太さの具現。
 「虚ろなる生者の嘆き」を使用している間、気配遮断のランクが下がらない。
 ただし、諜報や間諜活動には性格上向かない。

【解説】
 春秋戦国時代の小国・鄅の君主。
 姓が妘であること以外は何一つ史書に伝わらない。
 田圃の視察中に隣国の邾によって首都を落とされ、途方に暮れる。
 その後何故かのこのこと邾に入国し、虜囚とされた妻子を返してくれるよう嘆願するが、
 返してもらえるはずもない。
 しかも彼がどうなったかさえ史書には伝わらないが、翌年に宋の軍事介入を受けて鄅は復興。
 これは宋の武将が鄅の君主の夫人だったからこそ実現したことである。
 無論、その後のことはほとんど何も分かっていない。
 しかもその後1年以内に当時の大国・魯によって鄅は滅ぼされたようだ。

  • 最終更新:2017-03-06 00:51:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード